タイ国際航空 TG643 ビジネスクラス搭乗記。

ANAのマイルをコツコツ貯めた結果、ついにビジネスクラスに乗る日が訪れました!!

 

仙台→成田→バンコクの往復をマイルを使ったのですが、急遽決めたバンコク旅行だったので行きはタイ国際航空便で、帰りはANA便で発券しました。

 

料金は60000ANAマイルと諸税6860円。

 

行き

ANA NH3232 仙台→成田 

タイ国際航空 TG643 成田→バンコク(スワンナプーム空港)

 

 

発券直後からとにかく色んな方のビジネスクラス搭乗記を読みまくり、しっかりイメトレをして当日を迎えました。

 

まずは仙台空港のANAラウンジです。

空港のラウンジは何度も経験してますが、自分での決め事というか必ずやることが、『立ち振る舞いがスマートな男性を見つけて、その人の事を観察する』ということです。

ANAラウンジはANA上級会員、ビジネスクラス、ファーストクラスに乗る人しか入れないので、僕の人間観察のターゲーットだらけだと思いコーナーのソファーに陣取りコーヒーを飲みながら人間観察をしてました。

f:id:frucnok11:20170921154646j:plain

朝一だったのでほとんど人はいない。。

 

本当に空港ラウンジの人間観察は楽しいです。勉強になります。

(中にはスタッフの方に横柄な態度をとるような見習いたくない人もいますが。。)

 

仙台→成田の便はプレミアムクラスの設定がないので、この便は普通席です。

 

 

成田空港に着き、第一ターミナルの第四サテライトにあるANAラウンジにも行ってきました。

 

f:id:frucnok11:20170921155852j:plain

 ANAラウンジ入り口。

 

f:id:frucnok11:20170921155704j:plain
f:id:frucnok11:20170921155626j:plain

これら全部飲み放題です!!!! やばい!!

 

f:id:frucnok11:20170921155727j:plain
f:id:frucnok11:20170921155806j:plain

食べ物も食べ放題!!!!

 

着いた時点でほぼ満席だったので、ラウンジ内の写真は撮れず。。

 

搭乗時間のギリギリまでゆっくりと食事とお酒を楽しめるってことは、気分的にメリットがデカイと感じました。

 

 

 

f:id:frucnok11:20170921160527j:plain

そろそろ搭乗。

 

f:id:frucnok11:20170921160605j:plain

これ撮りたかったやつ!!

オレは左側だよ!!!ってやつね。

 

f:id:frucnok11:20170921161115j:plain
f:id:frucnok11:20170921160641j:plain

 

座席。広い!!!!

 

f:id:frucnok11:20170921160658j:plain
f:id:frucnok11:20170921160756j:plain

左 シャンパン Veuve Clicquot Brut n.v.
右 前菜 鴨肉の燻製。

 

f:id:frucnok11:20170921160829j:plain
f:id:frucnok11:20170921160851j:plain

左 豚フィレのステーキ

右 チーズとフルーツの盛り合わせ。

 

あと僕は頼みませんでしたが、丼物とかはお願いすればいつでも持ってきてくれます。

 

そんなこんなでものすごく快適なバンコクまでのフライトを過ごすことができました。

 

 

が、地獄は着いた後でした。。。

 

着陸態勢にはいった時に、『あ!トイレ行っておけばよかったな。まぁ別に着いてからでいいや!』って感じだったのが、その後すぐに吐き気と冷や汗が止まらなくなりました。

降りる頃にはひとまず症状が収まっていたので、イミグレーションと荷物の受け取りを行い電車で早めに街中に向かおうと思ったのですが、入国後の空港内で再び吐き気と冷や汗が再発してしまい動くことができませんでした。

 

その時点で確実にわかっていたことは『原因はお酒』ということです。お酒以外に考えられません。

僕は1杯飲めばハッピーになる酔い方をするのですが、当日は朝から10杯以上飲んでしまったのが原因です。

 

結局動けず、空港に5時間ほど滞在してしまいました。

 

最終の前の電車で宿に向かい、その日と2日目はずっと休養してました。

ただ本当にラッキーだったのが、何度も来たことのあるバンコクでの出来事でよかったと思いました。

空港内もだいたい分かるし、24時間稼働の空港ならではの安心感もありました。

 

もうすっかり体調は良くなってますが、帰りもビジネスクラスなので、お酒を一切飲まずに帰ろうと思います。