初心者で初めての一眼レフ購入を考えてる方へのアドバイス。

この記事が初めての一眼レフ購入を考えてる方への手助けになれば嬉しいです。

 

僕は一眼レフ歴4年で最初からNIKONの一眼レフを使ってます。

なのでNIKON寄りの記事になってしまうので他社の一眼レフの購入を決めてる方は読まなくてもいいかもしれません。

オススメはNIKONかCANONです。

例えば街中ですれ違う人が一眼レフを持っていたとします。メーカ別でカウントしていった場合NIKONとCANONがぶちっぎりで多いはずです。それだけ世界中の人が信頼して使ってる証だと思います。

もし2社以外の一眼レフが欲しければそれでもいいと思います。要はカメラではなく、出来上がった写真が自分で納得できればいいわけですから。

 

そしてかなり僕の個人的な見解が入ってます。この記事の全てのことに『(僕の場合は)』って入れていただければと思います。

 

 

 目次

 

NIKONとCANON

 

まず、よく聞かれるのが、

『一眼レフ買おうと思ってるんだけど、NIKONとCANONどっちがいいと思う??』って質問です。

正直どのメーカーでも一緒だと思います。

初めての一眼レフを購入しようとしてる人は、NIKONとCANON(もしくは他社)のどっちが良いか?というレベルに全然達してないと思うからです。

 

強いてあげるとすれば、それぞれ同じメーカー同士だったら友達とレンズの使い比べが出来ます。

友達や同じ職場の方で、すでに一眼レフを持ってる人で一緒に写真を撮りに行けそうな人と同じメーカーにするのがいいかもしれません。

 

そしてカメラに数十万円、数百万円かけることができる。プロとして写真を撮って生計をたてていく。

そのぐらいのレベルに達した時にNIKONとCANON(もしくは他社)どっちがよいか??という質問にたどり着くべきだと感じます。

 

CANONの良いところ

CANONはスポーツ関係に強いです。

スポーツ観戦に行った時にカメラマンのレンズに注目してみてください。

大きな灰色のレンズで写真を撮ってるカメラマンがほとんどです。

f:id:frucnok11:20170928205736j:plain

 2017年8月31日 日本代表vsオーストラリア代表戦

 

ロシアワールドカップ出場決定した後の記念撮影の様子です。

カメラマンの方をズームで見てみると、ほとんどの方が灰色のレンズを使ってるのが確認できると思います。(ちょっと見づらいか。。)

 

スポーツに強い=動物、赤ちゃん、動くものに対してのピント合わせのスピードがCANONの得意なところだと思います。

 

NIKONの良いところ

CANONとは逆で、動かないもの、風景などはNIKONが強いと言われてます。

動かないものをじっくり時間をかけて作品を作り上げてくような撮り方をする時はNIKONですかね?

f:id:frucnok11:20170928211004j:plain

サグラダファミリア!!こんな感じの写真ね!!

 

話を戻しますが、NIKONかCANONかは超上級者が悩むところです。

最初に買うのはどちらでも良いと思いますが、好きな写真家がどのメーカーを使ってるのか調べてみるのがいいと思います。

もちろんスポーツ選手、赤ちゃん、動物をNIKONで撮ってもいいですし、風景をCANONで撮ってもいいと思います。

まずは一眼レフに慣れることかなと。

 

僕がNIKONを使ってるのはアメリカ人写真家のSteve MaCurryさんみたいな写真を撮りたいと思ったからです。

 

もちろんCANONユーザーの方が風景写真で勝負してもいいと思います。

僕の師匠で友人でもあるスペイン人フォトグラファーのJose Fuste Ragaさんは風景写真がめちゃくちゃ得意ですけど、使ってるカメラはCANONです。

www.agefotostock.com

 

はじめに買うべき一眼レフ (本体編)

あとはNIKONの一眼レフで話を進めていきます。

センサーの大きさがDXフォーマット、FXフォーマットとあります。

初めての方は小さいセンサーのDXフォーマットのカメラからですね。

もちろん予算に余裕がある人ははじめからD5を購入してもいいかもしれませんが、ほぼ全員初級者モデルから購入されると思います。

 

2017年9月現在で初心者の方にオススメしたいのが

D5600、D5500、D3400です。

 

ヤフオクやメルカリなどで以前のモデルを格安で手にいれることも可能だと思いますが、あまりに古い(5年以上前の型とか)だとよろしくないと思います。

やっぱり機能、使いやすさ、軽さとかを考えていったら最新モデルを買うべきです。

 

はじめに買うべき一眼レフ(レンズ編)

最新モデルの本体を買うべきと言いましたが、人それぞれ予算があると思います。

本体とレンズを買うなら、できる限り本体を安く抑えて、レンズにお金をかけて欲しいです。

 

レンズは本当にたくさん種類があるので、標準キット、ダブルレンズキット、何を買ったらいいか迷うと思いますが、どのレンズキットを買ったらいいか迷ってるもしくは分からない方は、標準キット(標準レンズ1本のやつ)を最初に買って、いっぱい写真を撮って、自分に足りないレンズ、必要なレンズを1本づつ買い足していくのがベストだと思います。

 

『D5600 18-55 VR レンズキット』には『AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR』というレンズが付いてきます。

初心者の方は18-55mmというところに注目してください。

この数字は大きくなればなるほど遠くのものを撮影出来ます。

 

『D5600 ダブルズームキット』には上記のレンズと『AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR』の2本が付いてます。

70-300mmということは、このレンズの方が遠くのものを撮影できるわけですね。

 

また少し金額は高くなりますが、『AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR』というレンズもあります。

10-20mmということは、すごく広く撮れる。。

わかりにくいと思うので撮った写真で説明します。

 

まずは10-20mmのレンズで撮ったのがこちら。  

f:id:frucnok11:20170928224016j:plain

バルセロナのカンプノウ!!!! 

2015年2月1日撮影。

10-22mmのレンズを使うとこんな感じに広ーーーく撮れます。

 

続いて24-55mmのレンズ。

f:id:frucnok11:20170928224044j:plain

まぁ普通の写真ね。

普通だからこそどんな場面でも使えます。

基本的にD5200を使っていた時はこのレンズが常に付いてました。

 

続いて70-300mmで撮ったのがこちら!!

f:id:frucnok11:20170928224108j:plain

これは自分でもいい写真を撮ったと自画自賛してる写真です。

70-300mmのレンズだと、このように遠くの物(人)を撮影出来ます。

僕が70-300のレンズを使っていたのは、サッカー観戦に行く時だけでした。

 

ちなみにですがこの日はバルサvsヴィジャレアルの試合でした。

 

こんな感じで写真をいっぱい撮っていくと欲しいレンズがわかってきます。

まずは18-55だけでよいかと。サッカー観戦されるかたは70-300も買っちゃってください!!

 

僕がD5200を使っていた時に撮った写真。 

あとは作品を見ていただくのが良いかと思います。

 

f:id:frucnok11:20170928231217j:plain

フィリピン、カモテス島。

 

f:id:frucnok11:20170928231237j:plain

フィリピン、セブ島。

 

f:id:frucnok11:20170928231302j:plain

中国、上海。

 

f:id:frucnok11:20170928231324j:plain

香港、香港島。

 

f:id:frucnok11:20170928231346j:plain

マレーシア、クアラルンプール。

 

f:id:frucnok11:20170928231408j:plain

マレーシア、ペナン島。

 

f:id:frucnok11:20170928231429j:plain

シンガポール、セントーサ島。

 

f:id:frucnok11:20170928231451j:plain

NDソフトスタジアム山形。

 

f:id:frucnok11:20170928231511j:plain

ポルトガル、ポルト。

 

f:id:frucnok11:20170928231534j:plain

スペイン、バルセロナ。

 

f:id:frucnok11:20170928231553j:plain

フィリピン、ボラカイ島。

 

以上が僕がD5200を使ってた時に撮った写真たちです。

『D5200で撮れる=D3400、D5500、D5600でも撮れる』ということです。

そして物足りなくなったらフルサイズのカメラを買えばいいと思います。

 

まとめ

一眼レフ購入を迷ってる方、とりあえず買っちゃいましょう!!

そして、いっぱい撮っていっぱい失敗して満足できるまで撮りまくりましょう。

その時満足できる最高の写真が撮れても自分自身が成長してるから、半年前に撮った写真に対して自分で『ぜんぜんダメじゃん!』って言えるんです。

死ぬまでそれの繰り返しだと思います。

 

当たり前にこれからも新製品はどんどん発売されるわけですし。

悩んでる時間を撮影することに使ったほうがいいです。

買っちゃいましょう!!!

 

 

写真撮影テクニックはこちらのページにまとめてあり、随時更新していきます。

www.circle-the-globe.com