京都のおすすめ紅葉スポットと撮影テクニック 瑠璃光院

最終更新2018年9月14日

 

 

京都のおすすめ紅葉スポット第2弾は『瑠璃光院』です。

 

f:id:frucnok11:20171021092545j:plain

f:id:frucnok11:20171021092557j:plain

 

 

僕は2016年に紅葉の時期に2週間京都に滞在して瑠璃光院には2回行きました。

そのときの様子をお伝えします。

 

 

そして、実際はここまで赤と黄色が鮮やかに見えません。

カメラの設定を変えてここまで鮮やかに表現してます。

 

NIKONの一眼レフをお持ちの方にはカメラの設定をお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

目次

 

瑠璃光院の場所

場所はこちらです。

 

瑠璃光院のホームページ

rurikoin.komyoji.com

 

調べていただくとわかりますが瑠璃光院は新緑と紅葉の時期の期間限定でしか公開してませんし、ちょっと前までは何年間か非公開でした。

 

拝観料は2000円ですが、個人的には2000円でも安いと感じるくらいです。絶対に行く価値ありです。

拝観時間は10時からですが紅葉のピーク時には少し早く開けてくれると思います。去年は紅葉のピーク時に行ったので早く開けてくれました。

 

ちなみにこれだけのポテンシャルを秘めておきながら、20年以上の歴史がある『そうだ京都、行こう』のキャンペーンに春夏秋冬すべてにおいて1度も選ばれた事がない場所です。

 

2017年の紅葉は選ばれるんじゃないかって密かに予想してましたが、2017年は東寺でした。

 

東寺の記事。

circletheglobe.hatenablog.com

 

 

撮影方法

瑠璃光院の撮影の一番のポイントはズバリ『ポジション取り』です。

 

オープン前から大きなレンズを持ったカメラマンの方が行列を作ってます。そしてオープンと同時にみなさんダッシュするわけです。

 

僕もオープン前から並んで朝一から撮影したわけですが、一つ気付いたことがあります。

それは『ガチのフォトグラファー(主に一眼レフで撮影する人)の時間帯からインスタグラマー(主に携帯で撮る人)に入れ替わる時間帯がある』

という事です。

 

他の方に偉そうに言えませんが一眼レフを持ってる方は撮影時間が長いです。

おそらくオープンから1時間から2時間は一眼レフを持った方が、ゆっくりと時間をかけて写真を撮るはずです。

その時はじっとその場で試し撮りをして、設定を決めるなどの時間に使った方がいいです。

 

 

そしてお昼前くらいに自分のポジションを確保出来る時間帯が必ずくるはずです。

 

あともう一つポイントになる時間帯が午後3時すぎくらいの時間帯です。

 

上記の一枚目の写真は朝早く撮った写真で、フォトグラファーの暗黙の了解といいますか、他の方が撮影してる場所からフレームインしないような場所を確保する必要があるのですが、午後3時くらいからその暗黙の了解の『ここから前に出るなよ!』のラインがジリジリと前に出てくるんです

 

 

そして、おそらくテーブルの上に携帯を立てて撮影してくる人が出てくるんです。

その合図をきっかけに皆さんテーブルに近づいてこのような写真を撮り始めます。

 

f:id:frucnok11:20171021092554j:plain

テーブルの上に直置きして撮った写真。

午前中は出来ないと思いますが、夕方には出来るかと思います。
  

あとは閉館時間が近づくと、皆さん好き勝手に動き回るので写真撮影どころではないです。単純に外の風景を撮りたいだけだったら問題ないでしょうけど。

 

 

カメラの設定

『瑠璃光院』で画像検索をしていただくと、赤、黄色、緑、黄緑、などの色とりどりの画像が見れると思いますが、それが見た目に近い仕上がりです。

僕はカメラの設定を変えて全力で赤色に仕上がるように撮ってます。

 

NIKONの一眼レフを持ってらっしゃる方は、『ホワイトバランス』を『晴天日陰』に設定して思いっきり赤く仕上げると上記のような写真が撮れます。

 

f:id:frucnok11:20180913234519j:plain

NIKONの一眼レフをお持ちの方なら、このような画面が出てきます。

真ん中右側の黒い四角あたりの設定で赤と黄色は強く表現できます。

ただ、天気、時間帯で設定は変わってきます。

0.5メモリずつ設定を変える事ができるので、その時の状況に合わせて設定してください。

 

 

あとは色彩の設定画面は以下のような感じです。

f:id:frucnok11:20180913234911j:plain

色の濃さを最大限にすることで鮮やかな色味を出せます。

もし撮影してみて『鮮やかすぎる』と感じたら、こちらは0.25メモリづつ設定を変えれるので色味を抑えてください。

 

あとはコントラスト。

僕はこの瑠璃光院に関しては『明るいところと影の部分の差』は、はっきりさせたいです。

なのでコントラストを一番上まで上げてます。

 

設定は源光庵を撮影した時とほとんど変わらない設定でいけます。というよりほぼ一緒ですね。 

 

そんな源光庵の紅葉はこちら。

circletheglobe.hatenablog.com

 

 

それから、『ってか、お前瑠璃光院に何時間いたの?』という質問は一切受け付けません。

 

まとめ

紅葉の時期の瑠璃光院を撮影しに行かれる方は、行列&熾烈なポジション取りがあるはずです。

瑠璃光院に行かれる方が少しでも参考になったら嬉しいです。

 

もしNIKONの一眼レフをお持ちの方で、設定に関して質問がある方は気軽にコメント欄から質問してくださいね!

僕の答えれる範囲で答えます。

 

スポンサーリンク 

 

 

新緑の瑠璃光院も撮影してますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

www.circle-the-globe.com

 

 スポンサーリンク

 

 

 

こちらも合わせて読んでみてください。

circletheglobe.hatenablog.com

circletheglobe.hatenablog.com

circletheglobe.hatenablog.com

circletheglobe.hatenablog.com

 

 

スポンサーリンク