アジア6カ国周遊記⑥。 カンボジア・アンコールワット編。

あまり記事を小分けにしたくはないのですが写真がたくさんあるので、アンコール遺跡群を『アンコール・ワット』『アンコール・トム』『タ・プローム』の3つに記事に分けます。

 

まずはアンコール・ワットから。

f:id:frucnok11:20171027181405j:plain

 

 

 

目次

 

行き方

調べれば色々な方法があるみたいです。

僕は3日券を購入して、1日ずつ『アンコール・ワット』『アンコール・トム』『タ・プローム』に行くことをあらかじめ決めてました。
誰かと一緒なら他の手段も考えらえたのでしょうが、僕は1人で行ったので、トゥクトゥク一択でした。

 

シェムリアップを散歩してる時に、たまたま声をかけてくれたトゥクトゥクドライバーがいい人っぽかたので(結局ケンカ別れしましたが。。)交渉した結果、3日間の送迎で35ドル(5100円)で話がまとまりました。

 

値段は忘れてしまいましたが、日の出、日の入りを見たい時は別料金がかかります。

(たしかプラス5ドルだったかなぁ。)

 

あとは僕が泊まってる宿に直接来てくれるので楽チンでした。

 

入場料

初日にアンコール・ワットに行きましたが、その途中にチケット売り場があります。

アンコール遺跡群3日通しチケットが7000円でした。

 

写真

あとは写真でお楽しみください。

f:id:frucnok11:20171027175952j:plain

逆光だったので、逆光を逆手にとってシルエットを撮影。

 

f:id:frucnok11:20171027180018j:plain

f:id:frucnok11:20171027180046j:plain

f:id:frucnok11:20171027180110j:plain

f:id:frucnok11:20171027180740j:plain

f:id:frucnok11:20171027180811j:plain

f:id:frucnok11:20171027180844j:plain

f:id:frucnok11:20171027180911j:plain

f:id:frucnok11:20171027180935j:plain

f:id:frucnok11:20171027181005j:plain

f:id:frucnok11:20171027181040j:plain

f:id:frucnok11:20171027181104j:plain

f:id:frucnok11:20171027181129j:plain

f:id:frucnok11:20171027181158j:plain

f:id:frucnok11:20171027181220j:plain

f:id:frucnok11:20171027181240j:plain

魚眼レンズを使って撮影。

 

f:id:frucnok11:20171027181301j:plain

コントラストを強くして、影の部分がより暗くなるように撮りました。

 

f:id:frucnok11:20171027181319j:plain

これも被写体が作る影を強く意識しました。

 

f:id:frucnok11:20171027181342j:plain



まとめ

アンコール・ワットに行って確信がもてたことがあります。

それは『僕は遺跡に興味がない』ということ。

 

アンコール・ワットは行ってよかった海外の観光名所ランキングでベスト3には必ずといっていいほど入る場所ですが、行く前から期待しすぎたみたいですね。

歩いても歩いてもドキドキワクワクは全くありませんでした。

 

僕がアンコール・ワットで一番興奮したのが、テレビ番組『旅猿』で東野さん&岡村さんvs出川さんのプチバトルがあった場所です!!

『おおぉぉ。。ここに旅猿のお三方が!!』っていう興奮ね。

 

でも行かなきゃ感じることができない思いだったので、行ってよかったとは思います。

 

こちらも合わせて読んでみてください。

 

www.circle-the-globe.com