Jリーグ観戦記 モンテディオ山形vs愛媛FC

モンテディオ山形vs愛媛FCを観戦してきました。

 

16時キックオフだったのですが、その2時間前の14時から松本山雅vs岐阜FCがあり、もし松本山雅が勝利してしまったらその時点で今シーズンのモンテディオ山形の7位以下が決定してしまうので(J1昇格できなくなる)FC岐阜を心の中で応援しながら、モンテディオ山形を応援しました。

 

古くからのモンテディオ山形サポーターの方はご存知でしょうが、2001年の最終戦でJ1昇格がかかった試合があったんですね。その時にどの選手か忘れてしまいましたが『スタジアムのサポーターの様子を見て昇格できないことを理解した』って発言した選手がいたんです。(健二さんでしたっけ??)

 

 

要は、『他会場の結果で自分たちの明暗が決まる。という状態で試合に臨む』というのが昨日も一緒だったんです。
僕はサポーターとして松本vs岐阜の試合結果をチェックせずに昨日の観戦に臨みました。

 

昨日は雨だったので一眼レフの出番はなしです。

f:id:frucnok11:20171030102025j:plain

f:id:frucnok11:20171030102058j:plain

f:id:frucnok11:20171030102040j:plain

主審は西村雄一さん。バニシングスプレー使う使う!!!!

 

何気に個人的には西村さんのジャッジをスタジアムで観るのは初めてでしたね。

いろいろあってJリーグサポーターの中では『あまり好きではない』という意見もあるようですが、選手とコミュニケーションをとりながらゲームを進める良い審判だったと思います。さすがワールドクラス!!!

 


フォーメーションは4−3−3で僕が一番気になったのが左サイドバックが#2瀬川選手だったってことですかね。
昨日の雨の状態では瀬川選手のクロスは大きな武器だと思うので、前にガンガン攻める#27高木選手よりも瀬川選手でよかったと思います。
(まさか監督が天気でフォーメーションを決めるわけではないと思うので僕の個人的な見解です。)

 

結果は2−2の引き分け。
2点先取してからの後半ロスタイムに追いつかれるという残念な結果に終わってしまいましたね。

めちゃくちゃ悔しかったです。
引き分けに終わっただけでなく、勝たなければJ1昇格ができなくなる状況での引き分けだったので余計に悔しかった。(後からチェックしたら松本が勝利してたのでその時点で昇格がなくなってしまってたわけですが。)

 

少し感傷に浸っていたら、ゴール裏からのブーイング、そして『おいっ!!』『おらっ!!!』という文句の嵐が。。。(僕はS席北です)

 

応援は十人十色でいいと思います。
ゴール裏で声を出して応援する人、じっとサッカーを観るだけの人、お酒を飲みながらああだこうだを言う人。
なんでもありだと思うんですね。それはミラノのサンシーロに行った時に強く感じました。『声を出すことだけが応援じゃないんだな』って。

 

僕はどんな状況でもどんな負け方でも選手には拍手を送ります。でもブーイングも応援のスタイルとしてありだとは思ってます。


ただ選手、監督に対しての文句だけは絶対に違うと思うんですね。
昨日の試合後、サポーターの方のtwitterをチェックしたり、ゴール裏での様子がYoutubeに投稿されてたのですが要約すると、
⚫︎#10鈴木選手に『チームにいらない』と言ったサポーターがいた。
⚫︎鈴木選手ブチ切れてペットボトルを思いっきり投げつける。
⚫︎#7まっちゃんがサポーターに対して、敗戦を詫びたのと、選手は一生懸命やってるから『いらない』という言葉だけは止めてくれ。

 

ということですね。
それに対して、選手に『いらない』と言ってた人に『ありえない』みたいな意見がほとんどだったんです。

 

僕はS席北から聞こえた声と、Youtubeで見た感じだと、
⚫︎選手に対して『オメーら』と言ってた人がいた。
⚫︎木山監督に対して文句を行ってる人がいた。
⚫︎#14本田選手に対して『おいっ!本田っ!こらっ!!』て言ってる人がいた。

僕は監督、選手に対しての文句は全部一緒だと思うんです。
一部分なのはわかってます。一部分というよりほんの数名でしょう。が、本当に嫌な気分になりました。

 

顔だけは知っててお名前は存じ上げませんが、コールリーダーの方の対応は素晴らしかったと思います。彼のようなコールリーダーがいる限り昨日のようなことがあっても山形にサッカー文化はゆっくりと築かれていくでしょう。

 

大分戦、水戸戦は行けませんし、最終戦のFC岐阜戦も行けるかは分かりませんが、これからもモンテディオ山形を応援していきます!!