千と千尋の神隠しの舞台!? 中国の鳳凰古城。夜景が圧巻です。

最終更新2018年12月11日

 

 

『千と千尋の神隠しの舞台』と検索すると

台湾の九份、山形県の銀山温泉、長野県の渋沢温泉などがヒットします。

 

僕自身が訪れて

『うお!千と千尋の神隠しの世界じゃん!』と強く感じたのが

中国の鳳凰(鳳凰古城)です。

 

特に夕方から夜に変わる時間帯は圧巻です。

本当に映画の世界です。

 

写真をたくさん撮影したので紹介します。

 

『中国の鳳凰古城にいってみたいなぁ。』と感じてくれたら嬉しいです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

目次

 

 

 

場所

 

 

場所はこちらです。

 

 

写真

f:id:frucnok11:20171030122627j:plain

f:id:frucnok11:20171030122654j:plain

f:id:frucnok11:20171030122727j:plain

f:id:frucnok11:20171030122820j:plain

f:id:frucnok11:20171030122755j:plain

f:id:frucnok11:20171030122845j:plain

f:id:frucnok11:20171030122911j:plain

f:id:frucnok11:20171030122936j:plain

f:id:frucnok11:20171030123209j:plain

f:id:frucnok11:20171030123213j:plain

f:id:frucnok11:20171030123218j:plain

f:id:frucnok11:20171030123235j:plain

f:id:frucnok11:20171030123238j:plain

f:id:frucnok11:20171030123315j:plain

f:id:frucnok11:20171030123245j:plain

f:id:frucnok11:20171030123318j:plain

f:id:frucnok11:20171030123309j:plain

f:id:frucnok11:20171030123352j:plain

f:id:frucnok11:20171030123339j:plain

f:id:frucnok11:20171030123405j:plain

f:id:frucnok11:20171030123432j:plain

f:id:frucnok11:20171030123503j:plain

f:id:frucnok11:20171030123530j:plain

f:id:frucnok11:20171030123555j:plain

f:id:frucnok11:20171030123622j:plain

f:id:frucnok11:20171030123457j:plain

f:id:frucnok11:20171030122530j:plain

f:id:frucnok11:20171030122602j:plain

f:id:frucnok11:20171030123422j:plain

f:id:frucnok11:20171030123452j:plain

f:id:frucnok11:20171030123515j:plain

f:id:frucnok11:20171030123538j:plain

f:id:frucnok11:20171030123604j:plain

すごくないですか?


ただ、実際に行ってみると中国人に声が尋常じゃなくデカいのと、

唾を吐く人が多すぎます!


『ペッ』って感じの唾吐きじゃなくて

クォーーーーッ。。。。ペッ!!!』って感じの唾の吐き方です。

女性もですよ。ビビります!!


だから音楽は絶対に必要です。

鳳凰に滞在中はずっっっと久石譲さんの音楽を聞いてました。

もちろん千と千尋の神隠しのサントラです。

 

音楽を聞きながら周りの音をシャットアウトするのもこの町ではすごく大事なことです。

 

行き方

僕が行った方法が一番簡単だと思います。

日本からだとまず上海に飛んで、上海から張家界へ飛行機で1時間くらい。

上海と張家界の往復航空券が20500円でした。

張家界からバスを使って4時間くらいです。片道1400円。

 

張家界の空港に着いたら、張家界の鉄道駅に向かいます。

タクシードライバーに『張家界站』と書いて見せてください。『站=駅』です。中国の人に『駅』の文字を見せても通じません。もちろんStationと言っても通じませんでした。

張家界駅(站)の目の前にバス乗り場があります。(すぐ近くにマックがありました)


言葉の壁


海外に行く時に言葉の壁を気にする人が多いかもしれません。
大都会だと多少英語が通じますが、張家界、鳳凰では全く通じないと思っていただいていいでしょう。

 

じゃあどうやって現地の人とコミュニケーションをとったのか??
ズバリこれです!!

f:id:frucnok11:20171030180021j:plain

これマジです。実際に現地で使ったノートです!漢字が伝わるんですよ!

 

 

『安くて美味しい店はあるか?』とか、

どうしても僕を観光に連れ出したいタクシードライバーに対して、『疲れたから休みたい』ってのもこれで通じます!

 

宿も『1晩80元?』みたいな感じで交渉できます!


僕、はじめての一人旅が香港だったんですけど、

香港の空港、駅で僕の英語が通じたときと同じ時のように感激します!!!

『うわぁ!通じた!!』って。

 

面白いくらいに言いたいことが伝わるので調子に乗って、漢字書いて、ノート見せて、ゲラゲラ笑ってましたね!!

だけどおじさん、おばさんだと達筆すぎてなんて書いてあるのかわかりません。

 

ハードル高いですけど、初めての海外旅行先に鳳凰でもいいかもしれません。

むしろコミュニケーションには苦労しないですよ!逆にね!

 

友達との連絡手段

ご存知の方も多いと思いますが、

中国ではLINE、Facebook、Googleが使えません。


僕は海外に行く時は電話も使えない状態で行くので『日本にいる友達と全く連絡がとれない』という状況もなかなか興奮しましたね。


特に鳳凰に滞在してる時は『自分だけ別世界にいる』という興奮を抑えることができませんでした。

 

千と千尋のトンネルの向こう側に行ってしまったような感覚ね!

 

携帯電話に依存してる方も鳳凰への旅行をオススメします。

 

使用金額

この時は、

  • 上海に1泊
  • 張家界に1泊
  • 鳳凰に8泊
  • 上海に2泊 

の順番で泊まりました。

 

航空券代

成田⇄上海の往復が20000JALマイルと5700円。

溜まっていたJALマイルを30000円分のe JALポイントに交換して航空券を発券しました。

 

上海⇄張家界の往復が20500円。

 

 宿泊費

上海だけドミトリー、張家界と鳳凰は、日本でいう民宿(?)に泊まりました。

上海合計3泊3600円。

張家界1泊1700円。

鳳凰8泊10700円。

 

宿泊費合計12泊16000円。

 

食費

合計12650円。

食事はキツかった。お菓子ばかり食べてましたね。

 

その他滞在費。

3230円。

 

というわけで、合計金額は、

20,000JALマイルと60,880円です!

もしマイルを使わなかったら90,880円です。

 

まとめ

最初に書いたように『千と千尋の神隠し 舞台』などで検索すると

台湾の九份、山形県の銀山温泉、長野県の渋沢温泉、愛媛県の道後温泉などのサイトが検索されます。

 

僕が今回紹介した中国の鳳凰は知らない人も多いと思うし、一時期一緒に働いた中国人に聞いてもわかりませんでした。

 

鳳凰に行ってSNSに投稿すればかなりドヤれます。

インスタ映えどころのレベルではないです。

 

そんな感じでノートとペンを持って中国の鳳凰に是非行ってみてください。

僕も近いうちに再訪すると思うので、もっといい写真を撮ってブログに投稿します!!

 

スポンサーリンク

 

 

ディズニー、ジブリが好きな方はこちらもチェックしてみてください。

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com

 

スポンサーリンク