カードローン地獄にどっぷりハマってた僕が、年に2、3ヶ月は海外旅行をできるまでに復活した旅行資金の貯め方。

突然ですが『海外旅行したいけど行けない』って思ってる方は多いんじゃないでしょうか?

 

ちなみに僕のここ数年の海外旅行の日数を数えたところ、

  • 2014年 96日
  • 2015年 83日
  • 2016年 68日
  • 2017年 73日

(日本の深夜発、深夜着もあるので多少の誤差はあります)

 どうでしょう?普通の人と比べたら行けてる方じゃないでしょうか。

 

ちなみにこれは海外旅行だけの日数で国内旅行、特にJリーグアウェイ観戦も加えたらもっと旅行してます。そして海外に仕事として行ったのは1回も無く、すべて趣味としての旅行です。

 

人それぞれ事情がありますしバツの付いてない独身の僕が一概に決めつけることはできませんが、

  1. お金がない
  2. 時間がない

この2つが特に大きな原因じゃないかと思います。

 

今回は『海外旅行したいけどお金がない』という方のために僕の海外旅行資金の捻出方法をお伝えして、なにか少しでもヒントになればという気持ちで記事を書いていきます。

海外旅行だけでなく、趣味ややりたいことがあるのに出来ない原因が『お金がないから』という人にもお伝えしたいです。


ちなみに今回の記事は最後に『僕の有料オンラインサロンはこちらから!』とか『僕のノウハウを特別価格で提供します!』みたいなのは絶対にないので、お時間がある方だけお付き合いいただきたいです。

 ただ僕が今のような『好きな時に好きなだけ旅行することができる人生』を形成した本は何冊か紹介させていただきます。

 

目次

 

 

なぜお金がないと思うのか。

簡単に僕自身の話をさせていただきます。
先ほども述べた通りここ数年は国内海外ともかなり旅行出来てます。ただ、僕も若い時は旅行に行くお金が全くありませんでした。

タイトルにも入れましたが、いわゆる『カードローン地獄』にどっぷりハマってた時期があったんです。(時期というより20代の時はずっとでした)
自分では全く贅沢してるつもりはありませんでしたし、なぜだか分からないけど『毎月のカードのローンを払って、ほんの少しだけ遊んだらお金がなくなってる』という状態だったんです。

 

よく口癖で『お金がない』と言ってる人を見かけます。
まず若い時の僕がそうでしたし、周りにそんな人いませんか?

 

『お金がない』と言ってる人に限って、休みの日の度に高そうなレストランに食事に行ったり、一度も同じ服装を見たことが無いくらいオシャレな人だったり、ギャンブルしたり、毎日飲酒喫煙をしていたり、毎日コンビニで何かを買ったり、街をぶらついて欲しい物を買ってたりしてるんじゃないでしょうか?

 

僕の考えを言わせていただくと『お金が無い』ではなく『お金が足りない』の方が正しいんじゃないでしょうか??
お金があるから高いレストランに行ける。お金があるからオシャレができる。お金があるからギャンブルできる。お金があるから毎日飲酒喫煙ができる。お金があるから欲しいものが買える。

 

うん。お金はあるんですよ。
やっぱりどう考えても『足りない』と言った方が絶対に正確です。

 

若い時の僕にも同じことが言えます。

『贅沢してるつもりはないのにお金がない』のではなく『贅沢してたからお金が足りない』と言えますね。

 

そして今の僕は『お金があるから海外旅行が出来る!』って自信を持って言えます。

 

ここでお伝えたしたいこと。

『みなさんお金は持ってますよ!』

 

収入より支出を意識する

最近、某有名ブロガーさんが『50万円を溶かしてしまった』という記事を書いてました。

 

例えば『1ヶ月でプラス20万円』という2人がいるとしましょう。

  • Aさんは月曜日から金曜日、会社に出勤してお給料を20万円もらった。
  • Bさんは投資でまず100万円プラスになって、120万円マイナスになって、その後プラス40万円のお金をつくった。

多くの人が興味を示すのは確実にBさんの20万円の捻出の仕方でしょう。

ブログで記事にして、多くの人に注目を浴びるという意味ではいいことだと思いますが、僕は真似したいと全く思いません。

 

経験上『いくら稼いだか』ではなく『なににいくら使ったか』という方が10000倍大事だと思うからです。(僕の場合です)

 

ネットを見ると月に7桁稼いでるとか、『簡単に稼げる』みたいな広告を目にする機会は多いですね。

僕はそういう系は全く信用してなくて、毎日の生活というより『今』の行動をしっかりを海外旅行に繋げていった方が確実だと思ってます。

 

僕も投資はやってますが、ブログのネタに出来る『今月は40万円いきました!』みたいな投資ではなく、もっと確実な『ローリスクローリターンの投資』です。

その辺も機会があれば詳しくお伝えします。

 

そして僕自身の収入ですが、いまこれを読んでるのが学生さんじゃないかぎりおそらく僕の方が低いでしょう。

2013年以降、年収120万円を超えてない年もあります。年収ですよ!

それでも海外に行けるんです。

 

ここでお伝えしたいこと

『みなさんお金は持ってるんだから、一攫千金みたいなことはやめませんか?』

 

支出の内訳を意識する

まず『何にいくら使ったのかを把握する』
おそらく『お金が無い』と言ってる人のほとんどは家計簿をつけてないでしょう。

それから家計簿をつけていたとしてもその『支出の内容』としっかり向き合ってないんじゃないでしょうか?

 

僕が考える家計簿をつける意味は、
収入ー支出ー貯蓄=ゼロにするのではなく

『なににいくら使ったのかを徹底的に意識する』ということです。
大事なんでもう一度言います。

『なににいくら使ったのかを徹底的に意識する』

 『意識する』じゃなくて『とにかく徹底的に意識する』です。

しつこく書きましたが本当に本当に大事です。

 

何にいくら使ったのかを把握できてれば絶対に改善点は必ず出てくるはずです。
若い時の僕の改善点は食費でしたね。

  • 仕事終わりに牛丼を食べる。
  • 飲み会の帰りにラーメンを食べる。
  • 毎日コンビニに行ってお菓子を買う。
  • コンビニに新商品、季節限定のものがあったらとりあえず買う。

 こうやって文字にすると『たったこれだけの事』ですが、実際に家計簿を付けて『実際に使った金額』を目にするとかなりの金額でした。

 

携帯にも家計簿アプリはありますが僕がオススメしたいのは断然手書きです。

サッカーの中村俊輔選手、片付けコンサルタントの近藤麻理恵さんをはじめ他にも様々な方が『入力より手書き』を勧めてます。

僕は外ではボールペンを使ってますが、家の中ではB’zの稲葉さんの真似をして鉛筆を使ってます。

入力派の方は騙されたと思って、一度でいいから手書きを試してほしいな。って思います。かなり効果アリです!!

 

そして、実際に僕が実行してお金に関しての考え方、特に使い方がガラリと変わったのが、横山光昭さんが書いた『年収200万円からの貯金生活宣言』という本と出会ってからです。

  

 

ファイナンシャルプランナー』という言葉を聞いたら、すでに数千万円の資金がある人に対してオススメの投資先を教えたりする人。っていうイメージがあると思いますが、横山光昭さんは同じ『ファイナンシャルプランナー』でも『借金がある人』や『なぜか給料日前にプラマイゼロになる人』に対して『貯金体質』を作り上げるプロです。

そして横山さんご自身も以前は借金を作ってた方なので、僕の場合はですけどすべての言葉に説得力を感じました。僕はこの本に出会って人生が変わったのでみなさんにもオススメしたい本です。

そしてこの『年収200万円からの貯金生活宣言』は『読む本』ではなく『実行する本』です。

 

ここでお伝えしたいこと

『お金の使い方を徹底的に意識しませんか?』

 

常識を疑う

少し前になるんですが、新車で車を購入した知人に『なにかいい感じの副業はないか?』と聞かれました。車を買ってお金がないから副業をしたいと。

僕にはギャグにしか聞こえないんですよね。

『車を買ったからお金がない』の意味が理解できないんですよ。

 

『いい学校を卒業して、マイホームを買って、いい車に乗って、普通の人生を送ることができれば幸せ』ではないということはもう多くの人が気づいてるんじゃないでしょうか?

 

『常識はずれ』ということで一番すごいと思うのがホリエモンです。

ホリエモンに関しては好き嫌いがハッキリするでしょうし、みなさんにオススメというわけではありませんが、僕はかなり面白いと思ったのがこちらの本です。

 

この本でホリエモンが言ってるのですが『変わりたいと思ってない人に変われと言ってる時間がもったいない』みたいな表現があります。

ほんとうにその通りだと思うので『僕は影響を受けました』とだけ伝えておきます。

 

ここでお伝えしたいこと

『いわゆる普通の人生で幸せにはなれなせんよ』

 

人生の優先順位を決める

これは『自分の人生で大事なものに優先順位をつける』ことによって自分のお金の使い方が変わってくるはずじゃないでしょうか?

これは家族、友達などを考えずにあくまでも『自分1人での優先順位』です。

僕の場合は大事な順に、

  1. B’zのライブ
  2. 旅行
  3. 写真撮影
  4. サッカー観戦
  5. コーヒー
  6. 読書

この順番で、上位から『好きなだけお金を使っていい』というふうに決めてます。

これでもし僕が毎晩お酒を飲んでいたり、ギャンブルしたり、週一で高いレストランに行っていたり、洋服に月何万円もかけていたら確実にお金は足りません。

そして、『何十人もの部下を持ってバリバリ仕事ができるような人間になりたい』とか『年収1000万プレイヤーになりたい』とはほとんど思いません。

 

『立場、肩書き、高収入』より、『B’zのライブ、旅行、写真撮影、サッカー観戦』の方がめっっっっっっっっちゃくちゃ大事なんです。

 

こんな感じで、自分の中での優先順位をつけるとお金の使い方が変わってくるんじゃないかと思います。

『思います』じゃないですね。本気なら絶対に変わってきます。

 

やりたいことを明確に理解して、そこに向けて行動していくということについては、植松努さんの『NASAより宇宙に近い町工場』という本に影響を受けました。

とにかく周りに流されず『自分を持つ』ということがわかりやすく書いてあります。

 

 

イメトレは大事です

2018年の予定はとりあえず『2月末くらいにどこかアジアに行ければいいかな。』くらいに考えてますが、まず決定してるのが

  • 6月にロシアワールドカップに行くこと。
  • 9月にマレーシアに行くこと。(半田陸くんが日本代表に選ばれたら。)

この2回の海外旅行は決定してます。

 

9月のマレーシア旅行のことを書くと、

『だいたい2018年の9月にマレーシア行けたらなぁ。。。』ではなく、もっともっと強く具体的にイメトレします。

 

まず、2018年9月20日から10月7日にマレーシアで『AFC U-16選手権』というサッカーの大会が開催されます。

この大会は16歳以下のアジアの大会で、上位4チームには2019年に行われる17歳以下のワールドカップに出場できる権利が与えられるという非常に若手にとっては大事な大会です。

 

おそらく怪我とかスランプがなければ、僕が応援してるモンテディオ山形の半田陸君が日本代表に選ばれるはずです。

なので、半田君が選ばれるメンバー発表がされたらすぐに飛行機のチケットを抑える予定です。

がしかし、もっと大事な予定があります。

それは2018年9月21日は僕の大好きな『B’zの結成30周年の記念日』ということです。

2018年9月21日は金曜日で、翌日の土曜日から世間は3連休なんですね。

この4日間をどのようなスケジュールでライブを行うか今の時点ではわかりませんが、多分B’zファンの方は横浜の日産スタジアムでのライブ開催を予想してる方も多いんじゃないでしょうか。

 

以上をまとめると順番的に、

  1. B’zのライブスケジュールが発表される。そしてチケット購入。
  2. サッカーのU-16のメンバー発表。
  3. マレーシアへの飛行機の手配。
  4. U-16のアジア選手権のチケットの手配
  5. マレーシアの宿を手配。

こんな感じでしょうか。

もっと細かく『どの航空会社の飛行機で行くか』 とか『B’zのライブ終了後、上野のカプセルホテルに滞在して、翌日に羽田or成田からビジネスクラスでマレーシアのクアラルンプールまで行く』というところまでイメトレできてますが、細かすぎるのでやめときます。。

 

ここでお伝えしたいこと

『かなり具体的なイメトレをして、そこを意識してお金を使いませんか?』

 

まとめ

先ほども書きましたが、僕の20代は『カードローン地獄』でした。

いま振り返ると、そこを経験してるから今が充実してると自信を持って言えます。

 

僕にとっては『海外旅行』というのがキーワードなんですけど、そこは『海外旅行』ではなくて人それぞれでいいと思います。

やりたいことがあるのにお金がないと思ってる人は多いかもしれません。

ただ、何かをやるのに『お金がない』は絶対に言い訳になりません。

 

『これだっ!』という好きなことを見つけて、それにのめり込めば人生変わります。

そしてお金についても僕の考えを書きました。少しでもヒントになってくれれば嬉しいです。

 

 もう一度書きますが、これが僕の海外旅行の日数です。

  • 2014年 96日
  • 2015年 83日
  • 2016年 68日
  • 2017年 73日

今回はお金について書きましたが、またの機会に『年に2、3ヶ月は海外旅行をしてる僕が考える旅行の時間のつくり方』という記事を書こうかな。

いつになるかわかりませんが。。

 

そして海外に行けば、こんな絶景が待ってるんです。

よかったら読んでみてください。こちらはどんどん追加していきます。

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com