【ネスプレッソ】簡単なカプセル式エスプレッソマシーンの紹介と実際に使った感想。

 

 

美味しいコーヒー飲んでますか?

それとも『コーヒーなんて安ければいい』と思ってますか?

 

 

f:id:frucnok11:20181106080401j:plain

(カプセル式エスプレッソマシーン『ネスプレッソ』で淹れたエスプレッソ)

 

 

タイトル通りですが、僕が愛用してるエスプレッソマシーン『ネスプレッソ』を紹介します。

 

僕は1年半前にネスプレッソを購入して、旅行の時以外はほぼ毎日使用してます。

 

1年半利用して僕が感じたメリット、デメリットは、

 

メリット

  • 美味い!
  • 安くて本格的なエスプレッソを楽しめる。
  • コーヒーがだんだん詳しくなる(豆の違いがわかるようになってくる)

 

デメリット

  • なし!!

 

『デメリットなし』と書きましたが僕は本気でそう感じてます。

いいとこだらけです。

 

ネスプレッソのエスプレッソマシーンを購入したら人生変わります。

 

では、詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

目次

 

 

 

本体

 

僕が使ってるのはイニッシアです。

 

(イニッシアは以前のモデルなので2018年11月の時点で公式サイトには紹介されてない商品です。)

 

購入当時『一番安い本体』という理由で購入しましたが大変満足してます。

 

2018年11月現在『エッセンサ ミニ』という機種が一番安いです。

こちら。

エッセンサ ミニ | コーヒーメーカー | ネスプレッソ

 

 

『フワフワに泡立てたミルクを入れたい』

『Bluetoothでスマホと連動させたい』

などのこだわりがある方は、上位モデルをチェックしてください。

 

 

本体はこちら。

ネスプレッソ コーヒーメーカー | コーヒーメーカー - ネスプレッソ

 

 

カプセル

 

カプセルはたくさん種類があります。

ネスプレッソ コーヒーカプセルを購入する | コーヒーカプセル - ネスプレッソ

 

こちらのサイトをチェックしていただくと、カプセルの紹介と数値が記載されてます。

 

この数値は、

  • 数字の大きいものが苦味が強い。
  • 数字の小さいものが酸味が強い。

 

よくコーヒーの味わいを表現する時に

『苦味と酸味のバランスがいい』という言葉を使います。

 

僕はこちらのカプセルを全部飲んでます。

全部飲んだうえで

『苦味と酸味のバランスがいい』と感じるのは

『6』のリヴァントです。

リヴァント|カプセルコーヒー - ネスプレッソ

 

 

僕はもう少し苦味がほしいので、

いつも買うのは

『アルペジオ』『リストレット』

こちらの2種類です。

アルペジオ|カプセルコーヒー – ネスプレッソ

リストレット|カプセルコーヒー - ネスプレッソ

 

 

そこは人それぞれの好みなので、実際に店舗に行き試飲させてもらうのが確実です。

(ネスプレッソ・ブティックで試飲させてもらえます。)

 

 

デカフェ(カフェインレス)

ネスプレッソはデカフェ(カフェインレス)のカプセルもあります。

 

ネスプレッソ・ブティックの店員さんに聞いた話ですが、

カフェインの除去率は99.9%です。

 

僕が先ほど紹介した僕が好きな、

『アルペジオ』『リストレット』

 

どちらにもデカフェ(カフェインレス)があります。

『アルペジオ・デカフェ』『リストレット・デカフェ』

アルペジオ・デカフェ|デカフェコーヒー – ネスプレッソ

リストレット・デカフェ | デカフェコーヒー - ネスプレッソ

 

 

これはデカフェ用の豆を別で栽培してるわけではなく、

それぞれ『アルペジオ』と『リストレット』を作成し、

その後カフェインを除去してます。

 

『これカフェイン入ってないんすよ!』

と伝えないと気づかれないくらい違いがわかりません。

 

香りも苦味も味わいもすごくしっかりしてます。

 

今までいろんな人を部屋に招きましたが、

『アルペジオ・デカフェ』『リストレット・デカフェ』

この2つを飲んで

『あれ?カフェイン入ってなくね?』と気付いた人は1人もいません。

 

 

あとは、めちゃくちゃ濃いカフェラテ(エスプレッソに牛乳)を飲みたい時に、大きめのグラスに、

『リストレッソ』『リストレット・デカフェ』を1個づつ淹れて牛乳を注げば、

『めちゃくちゃ濃いカフェラテ、しかもカフェインは一杯分だけ』という夢の様なカフェラテが完成します。

 

組みわせは無限大!

 

味わい

 

コンビニやカフェの大きなコーヒーマシーンを見たことはありますよね?

あの機械は、袋からコーヒー豆を開けて補充してます。

 

だから実際に飲めるのは数時間後、もしくは数日後なんてこともあるんです。

 

コーヒー豆は袋を開けた瞬間から酸化が急速に進むんです。

酸化したコーヒーは味も香りもダメになってしまいます。

 

 

でもカプセル式だとスイッチを押すまで密閉された状態なので、かなり良い状態のエスプレッソを淹れることができます。

(もちろんコーヒー豆を挽いた『粉』の状態でカプセル内に入ってるので出来るだけ早く飲んだ方がいいです)

 

『エスプレッソを淹れて冷たい牛乳を注ぎ、常温で飲む』

というのが僕の好きな飲み方です。

 

『冷えすぎる』『氷が溶けたら薄まる』という理由から

氷無しで飲みます。

 

これは人それぞれの好みの問題ですね。

 

それから、以前Twitterでネスプレッソの事を検索してたら、

『結局1杯100円近くかかるなら缶コーヒーの箱買いでよくね?』

『ネスプレッソは結局月3000円くらいかかってしまう。。』

このような書き込みがあったんですね。

 

逆!逆っす!!

 

『1杯100円近くで本格的なエスプレッソが飲めるんです。』

『月3000円でめちゃくちゃ美味いエスプレッソが飲めるんです。』

 

 

僕の文章力では

『壮大な草原の中を2人の小さな天使が走ってるような味わい』

このような味わいを伝えることができないので実際に飲んでみてください。

 

残念ですが『めちゃくちゃ美味い!』としか言えません。。。

 

『日曜日に縁側でお孫さん達に絵本を読んであげるおじいちゃんとおばあちゃんのような優しい味わい』

こんな感じの文章力がほしいです。

 

やっぱり実際に飲んでください。

先ほども書きましたがカプセルはネスプレッソブティックで試飲ができます。

 

 

インテリア

 

僕が購入したカプセルはこんな感じにオシャレに置いてます。

f:id:frucnok11:20181106080432j:plain

入れ物はインテリアショップで購入した花瓶です。

  

『センスいいね。』

『オシャレだね。』

って言われたいじゃないですか?

 

 

以前、僕の部屋で『エスプレッソ・パーティー』(別名『コーヒー祭り』もしくは『カフェイン・フェスティバル』)が開催された時、

一緒に働いてる女の子が来てくてたんですね。

 

その女の子は、この花瓶に入れたカプセルを見て本気で『???』って思ったらしいです。

 

まさかエスプレッソマシーンのカプセルだとは思わなかったみたいで、

『なんか変なものがある。。。』

『これは話題にした方がいいのか?それともそっとしておくべきなのか?』

と本気で考えたらしいです。

 

僕が期待した、

『センスいいね。』

『おしゃれだね。』

というようなリアクションは残念ながら全くありませんでした。。。

(そのあとエスプレッソのカプセルだということを熱弁しましたよ。)

 

のびしろですね。

 

店舗

 

最後に店舗を紹介します。

僕は東京や関西に旅行に行くことが多いので、

その時にネスプレッソ・ブティックの店員さんに質問をぶつけて少しづつ知識を増やしてます。

ネスプレッソブティック・販売店検索 - Nespresso

 

どの店舗の店員さんも気さくで、知識も豊富で僕の疑問に全て答えてくれます。

 

僕が一番行くのは『ネスプレッソブティック 表参道』ですね。

あとは配送を利用します。

ネスプレッソ サービスのご案内 - ネスプレッソ

 

こちらに詳しく書いてますが、

首都圏・関西圏は『夜の12時までの注文で翌日配送』

それ以外と北海道、沖縄、離島、郡部など、以外の地域は『17時までの注文で翌日配送』されます。

 

だからカプセルがきれてしまってもすぐに届けてもらえます。

 

対応がスピーディーというのも大きな魅力ですね。

 

まとめ

『昼飯食った後に缶コーヒー飲んで仕事に戻る』というのもアリだとは思います。

 

でも1杯のエスプレッソに対して

『今日もエスプレッソが美味しい』

『香りや味わいの違いに感動する』

などと感じながら最高のコーヒータイムを過ごすのとでは全然違います。

 

一番最初にも書きましたが、ネスプレッソのエスプレッソマシーンを購入したら人生変わります。

 

そして『KING KAZUとエスプレッソを深く語り合いたい』というのが僕の目標ですね。

 

スポンサーリンク

 

 

僕が好きな香港のカフェも紹介します。

www.circle-the-globe.com

 

それから『そこまでコーヒーにこだわってたらスタバは認めませんか?』という質問を受けることがあるのですが、

僕スタバ大好きですよ! 

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com

 

スポンサーリンク