【おすすめ海鮮】安い! 美味い! 塩釜水産物仲卸市場。

 

 

2018年12月17日(月)に宮城県塩釜市の

『塩釜水産物仲卸市場』に行ってきました。

 

夜に仙台で予定があり

夕方まで時間が空いていたので塩釜まで行ったのですが、

僕がいつも行ってる『塩釜まぐろ直売・食堂』。

こちらが月曜日お休みなので、近くで魚が美味しい場所を探して行ってきました。

 

 僕が大好きな『塩釜まぐろ直売・食堂』

www.circle-the-globe.com

 

 

先に書きますが『塩釜水産物仲卸市場』は最高の場所です。

絶対におすすめしたい市場です!

 

では詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

目次

 

 

 

塩釜水産物仲卸市場

 

場所はこちら。

 

ホームページはこちら。

塩釜水産物仲卸市場 | 生マグロの水揚げ量日本有数!一般のお客様も新鮮素材が卸値でご購入いただける塩釜仲卸市場。午前3時から営業しています。塩釜水産物仲卸市場

 

 

ホームページをチェックしていただくとわかりますが、

開店時間、閉店時間ともに早いです。

 

僕は午前11時頃に着いて、市場内をぷらぷらしましたが、

『もう少し早い時間に来たら、もっとたくさん種類があるよ!』とお店の方に教えていただきました。

 

午前11時30分ごろで、後片付けをしてる店舗もあるくらいです。

早い時間に行くことをおすすめします。

 

 

お店の人と話すのが楽しい

 

スーパーのお刺身売り場のように、パックになったものが売られていたり、

いま目の前でさばいてるものを、そのままパックに入れてくれたり。

 

パックになってる商品でも、

『半分だけ』

『500円分だけ』などのお願いも普通に聞いてくれます。

 

当たり前ですが、お店の方は魚に関しての知識がものすごいです。

少しお話しさせてもらうだけでも楽しいですよ。

 

 

奥様は東北訛りがきつい

 

僕は、

I can speak 山形弁。

I can understand a little bit 東北弁です。

 

そんな僕でさえおばch奥様のなまりは理解できませんでした。

 

『少し高いけどものすごく美味しいよ!』

的なことをおっしゃってたのですが、

僕が海外の人と話す時のように、

理解出来る単語をピックアップして会話を進めていく感じです。

 

『訛りはかわいい』と思う方には最高でしょうね。

 

ちなみに若い店員さんなら、もちろん言葉は通じます。

 

 

カスタマイズ可能な海鮮丼

 

購入した刺身を、市場の端にある売店でご飯を購入し、

『自分だけの海鮮丼』を食べることができます。

 

僕が行った時に6人の家族の方がいらっしゃいましたが、

テーブルの上が『海鮮パーティー』状態でした。

 

僕はマグロの中落ちと切り身を500円分づつ購入し、

『オレ流のマグロ丼』を作成しました。

 

f:id:frucnok11:20181217142508j:plain

ご飯セット(大) 500円

 

f:id:frucnok11:20181217142256j:plain

各500円。

中落ちは1,000円の物を半分にしてくれました。

 

f:id:frucnok11:20181217142240j:plain

ドーーーン!豪快!!

 

味はビビるほど美味いです。

 

 

自由焼炉

 

貝類を焼いたりや焼き魚も楽しめる。

『自由焼炉』という場所があります。

f:id:frucnok11:20181217142635j:plain

今回は利用しなかったので詳しい値段はわかりませんが、

『100円~』という看板はありました。

 

刺身だけでなく、焼き魚や貝類も焼る!

 

最高の場所じゃないですか?

 

 

フォトギャラリー

f:id:frucnok11:20181217143003j:plain

外観。

 

f:id:frucnok11:20181217142923j:plain

マグロの心臓を試食。

 

f:id:frucnok11:20181217142911j:plain

f:id:frucnok11:20181217142858j:plain

安い!

 

f:id:frucnok11:20181217142818j:plain

プラッチックじゃないです。

本物のマグロです。

 

f:id:frucnok11:20181217142806j:plain

市場内。

 

まとめ

 

僕は仙台が大好きでよく行くのですが、

時間がある時は塩釜まで行きます。

というより、時間を作って塩釜まで行きます。

 

魚が、特にマグロが本当に美味しいんです。

 

今回『塩釜水産物仲卸市場』には初めて行きましたが、

海外の市場に似た雰囲気もありとても楽しい場所です。

 

僕は、海外の市場だと

バルセロナのボケリア市場

マドリードのサンミゲル市場

ホーチミンのベンタイン市場などに行ったことがあります。

 

僕が行ったことがある市場の中では

塩釜水産物仲卸市場が世界一です。

 

雰囲気が好きというのもありますが、

魚(マグロ)が本当に美味しかったからです。

 

『塩釜でマグロを食べる。』

『多賀城のスタバでのんびり。』

これは完璧な休日の過ごし方です。

 

 

塩釜のマグロは

  • この記事に書いた塩釜水産物仲卸市場
  • もしくは、時間がない方、電車の方は『塩釜まぐろ直売・食堂』

www.circle-the-globe.com

 

で、その後は多賀城のスタバでのんびり。

www.circle-the-globe.com

(実はこの記事もいま、スタバの多賀城市立図書館店で書いてます。)

 

『マグロからのスタバ』

東北にお住いの方はもちろん、

仙台への旅行を計画中の方、ぜひ塩釜まで行っていだだきたいです。

 

少し駆け足になってしまうかもしれませんが

『スタバからのマグロ』ももちろんありです!

 

 

スポンサーリンク