【プログラミング】超初心者が独学で勉強をはじめます。

 

 

 

  • 観たいライブは全部観る。
  • 観たい試合は全部観る。
  • 好きな時に好きなところに行く。

 

このような生活ができたら最高ですよね?

 

『パソコン1台で、かつ時間に縛られない稼ぎ方』を確立すればそれは可能です。

 

 

というわけで、超初心者が独学でプログラミングを始めて、

『ウェ~~~イ!』って言いながら人生を設計していく過程を書き記します。

 

f:id:frucnok11:20190126154431j:plain

こんなやつ。

 

今まで、会社からいただくお給料の他に、

  • 写真で稼ぐ。
  • ブログで稼ぐ。

これらは少額ですけどできてます。(本当に少額ですが。。)

 

並行しながら『プログラミングで稼ぐ』ということにもチャレンジします。

 

まず、最初の目標は10,000円稼ぐことです。

 

もし、僕がプログラミングで稼いでプログラミングだけで生活できるようになったら、

ぜひみなさんにもチャレンジして欲しいですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

目次

 

 

 

 

1、超初心者が独学でプログラミングを始めます

 

最初にも書きましたが、

場所と時間に縛られない稼ぎ方ができれば、

  • 観たいライブを観る
  • 観たい試合を観る
  • 好きな時に好きなところに行ける

このような生活が可能です。

 

そして、1人で稼ぐことができれば『職場の人間関係のストレスがゼロ』になります。

 

そんな生活に憧れますね。

 

もちろん大変な部分もたくさんあるでしょうけど。

 

 

2、会社からのお給料だけでは将来が不安

 

僕は以前、東京でサービス業の正社員として働いてました。

 

6年ほど前なので記憶が曖昧ですが、

僕は副店長という肩書きをもらって、給料は手取りで22、23万円くらいだったと記憶してます。

 

おそらく会社のために一生懸命働いて、出世したとしても頂けるお給料は数万円の上乗せだけだと思うんです。

 

そんな状況で一生生活していくわけにはいきません。

 

だったら自分の得意なことで稼いだ方が良いに決まってます。

 

今の時代、ググれば稼ぎ方を教えてくれる人はたくさんいます。

(本当に稼いでる人と、胡散臭い人の見極めは大事です。)

 

 

3、プログラミングで挫折しても得ることはある

 

もともと僕は『オレが撮影した写真が世の中に出回れば大金持ちになれるぜ!!』という考えがありました。

 

実際はそんなに甘くはなかったです。。。

 

でも、

写真であまり稼げないと感じてからブログを立ち上げ、

ブログのアクセスアップの方法をを勉強してたらプログラミングの可能性に気づいたように、

行動すれば何かしらのキッカケを得るはずです。

 

もちろん始めたばかりなので挫折することを考えていてはダメですけどね。

 

 

まとめ

 

『99%以上の人は行動しない』

ホリエモンがよく言ってますよね。

 

それから、

『継続することができれば、ライバルが勝手に脱落していく』

というのも、ネットで稼いでるor稼ぐことを勉強中の方はよく聞く言葉でしょう。

 

ということは、

『行動して、継続できればなにかしら結果がでる』ということですよね?

 

 

何かにチャレンジする時にはメンタルが大事になってくるはずです。

何度も『オレには無理かも。。』と思うからです。

 

僕が何かにチャレンジする時に実行してるのが、

スマホのメモ帳に入力したサッカーの本田圭佑選手のインタビュー記事を何度も読み返すことです。

 

自分なりにアレンジしてる部分もありますが、一部紹介すると、

・基本を続ける。

自分にできる基本を続ける事が状況を打開できるきっかけになる。

苦しんでる時、うまくいかないときこそ出来ることをやる。

 

・失敗は必要な過程

失敗という表現が間違ってる。言い方を変えれば『物事が上手くいかない成功』

 

・人間にとって失敗は自慢できること。

日本人は失敗を恐れる中で生活してるけど、失敗してる時がチャンス。

 

・課題が見つかることは、まだまだ成長できるということ。

 

・一年後の成功を想像すると、日々の地味な作業に取り掛かることができる。

 

・結果は見えている

あとは過程さえしっかりしてれば問題ない。

結果を追ってしまってるから結果を成功としてつかめない。

スタートと結果の間にはたくさんのやるべきことがある。

結果はあくまで結果。

 

 

本田圭佑選手のインタビュー記事を何度も読み返せば

チャレンジすることの大切さに気づけますし、

日々の積み重ねが大事なことや、失敗することの重要性が理解できます。

 

というわけで、プログラミングを勉強して、

上手くいった部分はもちろんですけど、

上手くいかなかった部分も記事にしていきますね!

 

 

そしてよかったら、本田圭佑選手の 『直撃 本田圭佑』を読んでみてください。

本田圭祐選手の思考が感じられる本です。

サッカー好きでない人には厳しい内容ですが。。

 スポンサーリンク