【激おこ】 クレジットカードが不正利用されました。 返金手順もお伝えします。

 

 

『あーのーやーろー!!!

見つけたらケチョンケチョンにしてやるぜ!!』

 

 

マジで怒ってます。

村上春樹風に僕の気持ちを説明すると『激おこプンプン丸』です。

 

 

先日も激おこな事件にあいました。

2019年1月に駐車場に停めていた僕の車が当て逃げされて、犯人がそのまま逃走中という出来事を書いた記事です。

www.circle-the-globe.com

 

 

そして2月の激おこな出来事はタイトルにも書きましたが、

『僕のクレジットカードが不正利用の被害にあいました』

 

ですが、今回の件は発覚した時点で

『海外で不正利用された可能性が高く、ほぼ確実に返金される』というのはわかっていました。

 

詳しく説明していきます。

 

そして『不正利用されるからクレジットカードは持ちたくない』という方にも、

『クレジットカードは安全ですよ』ということをお伝えしたいです。

 

ぜひごらんください。

 

スポンサーリンク

 

 

目次

 

 

 

 

1、(おそらく海外で)クレジットカードが不正利用されました。 返金手順もお伝えします。

 

では、

  • なぜ発覚したか?
  • 発覚後どのような手順をとったか?
  • 考えられる原因
  • クレジットカードの不正利用の被害額は誰が支払うのか?

これらを説明していきます。

 

 

2、なぜ発覚したか?

 

今回被害にあったのはこちらのカードです。

ANA VISA Suicaカード|クレジットカードの三井住友VISAカード

 

 

ANAのマイルを貯めてる方なら持ってる方も多いのではないでしょうか?

 

このカードは持ってるだけで『毎年1000ANAマイル』が貯まります。

(年会費税込2,160円)

 

なので普段は月に1回しか使いませんし、

ほぼ『ただ持ってるだけ』のカードです。

 

ただ持ってるだけのカードに謎の請求があったので、利用明細を確認して発覚しました。

 

(余談ですが、月に一回使う理由は『クレヒス』で検索してみてください。

毎月、少額でも持ってるクレジットカードを使って支払いをすると『この人はカードを使い支払いを滞納しない』というデータが残っていきます。)

 

請求先は『BILL ITUNES COM』です。

これはappleのiTunesを利用した時の請求先です。

 

しかも、やらしいことに少額を数回に分けて不正利用されてます。

f:id:frucnok11:20190214130334j:plain

これ見てください!



 

普段使いのカードで請求されてたら見落とす可能性も高いです。

 

もう一度書きますが、

ただ持ってるだけのカードに請求があったので、利用明細を確認して不正利用が発覚しました。

 

 

 

3、発覚後、どのような手順をとったか?

 

クレジットカードの裏面に連絡先の電話番号が書いてあります。

最初にその番号に電話しました。

 

そこで『BILL ITUNES COM』から身に覚えのない請求があることを伝えると、

appleに電話してくださいと言われました。

 

教えてもらったappleの電話番号

0120-277-535

 

こちらに電話して、

  • 僕のapple ID
  • 不正利用にあった日付と金額

こちらを伝えるとその場で確認してくれます。

 

約10分ほどで、

  • 僕のものではないapple IDと僕のクレジットカードが連携されてること
  • 僕が利用したものではないこと
  • 返金(売上取り消し)の手続きを開始すること
  • 不正利用していたapple IDの凍結
  • 被害にあったクレジットカードは今後安心して使える

以上のことが確認取れました。

 

 

4、考えられる原因

 

先ほど『ただ持ってるだけのカード』と書きましたが、

2018年に約3週間、ほぼ毎日使った時期がありました。

 

それは『サッカーのロシアワールドカップの現地観戦』です。

 

ワールドカップ観戦を経験して、ロシアを大好きな国と言えるようになりましたが、

ロシアに行く前は、未知の国でどんな事件に巻き込まれるかわからない気持ちでした。

 

なので、今回被害にあったカードを

『ロシアワールドカップ現地観戦用のカード』に任命したんです。

 

 

こちらが以前書いた記事です。

www.circle-the-globe.com

 

3週間のロシア滞在で使った金額を細かく書いた記事ですが、

いま見返しても現金を使った記憶がほとんどありません。

 

ファストフードも地下鉄もスーパーも今回被害のあったカードで決済してます。

 

ロシアで知り合った僕の知人にも全く同じ被害にあってる人がいるので、

100%ではありませんが、

『ロシアで使った時にやられた可能性が非常に高いです』

 

 

5、クレジットカードの不正利用の被害額は誰が支払うのか?

 

これまで書いたことを読むと、

『やっぱり現金主義だよね!』

『海外でクレジットカードを使うのが怖い。。』

このように感じる方も多いでしょう。

 

もしかしたらこれまでに、

『最近海外旅行したんだけど、クレジットの不正利用の被害にあった。』

なんて話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

では、僕が被害にあった不正利用の金額は誰が支払うのか?

答えは保険会社です。

 

クレジットカードには、不正利用された場合に備えて保険がかけられてます。

(僕が持ってるカードは全て保険が適用されますが、みなさんもお持ちのカードの規約をチェックしてみてください)

 

 

考えてみてください。

 

海外旅行中に現金を持ち歩いててスリの被害にあったとしましょう。

スラれた現金が自分の元に戻ってくる可能性はほぼゼロです。

 

でも、海外旅行中にクレジットカードが不正利用されてしまった場合、

被害金額は全額戻ってきます。

 

海外旅行やクレジットカードの不正利用にに対して怖いイメージを持ってる人は、

現金よりもクレジットカード会計をおすすめします。

 

 

まとめ

 

メンタリストDaiGoさんは

『ポジティブなことよりもネガティブなことの方が人の記憶に残りやすい』と言います。

 

『ロシアワールドカップのスタジアム観戦マジで最高だった!』

『(おそらく)ロシアでクレジットカードの不正利用の被害にあった。おそロシア!』

この記事を読んでくださった方は、後者の方が記憶に残りやすいんです。

 

 

今回、

『(おそらくロシアで)クレジットカードの不正利用の被害にあった』という記事を書きました。

 

『ロシアワールドカップを観に行った人がクレジットカードの不正利用の被害にあったんだ。。。怖っ!』

と感じる方も多いでしょう。

 

なので、

『不正利用した人のことを嫌いになっても、クレジットカードとロシアのことを嫌いにならないでくだしゃい!』

と強くお伝えしたいです。

 

 

最後に、

2月8日付けで返金処理がされてました。

 

ブログのネタができて被害額はゼロ!

ありがとうございます!

 

スポンサーリンク

 

 

 

合わせてこちらの記事も読んでください。

飛行機に乗らずに、そしてクレジットカードを作成しなくても

普段の生活で貯めれるマイルについて書いた記事です。

www.circle-the-globe.com

 

スポンサーリンク