【台北旅行記】夜景スポット『象山』でタイムラプス撮影をしてきました。

 

 

2019年2月25日から3月1日まで台湾の台北に行ってきました。

 

f:id:frucnok11:20190309123715j:plain

台北の夜景

 

 

台北には有名な高層ビル『台北101』を撮影できる『象山』という無料夜景スポットがあり、

2月26日に夜景撮影に行ってきました。

 

象山でGoProを使用し、夕方から夜にかけてのタイムラプス撮影を行いました。

そのタイムラプスムービーがこちらです。

 

www.instagram.com

 

 

天気も良かったので雲の流れや、高層ビルの電気が徐々に点灯していく様子、

そして夕方から夜に変わっていく様子が上手く撮影できました。

 

僕の使用機材と撮影時間帯などを詳しく説明します。

 

これから台北旅行を計画してる方で象山でのタイムラプス撮影をしようとしてる方の参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

 

目次

 

 

 

 

1、夜景スポット『象山』でタイムラプス撮影をしてきました。

 

この記事では

有名夜景スポット『象山』の場所

タイムラプス撮影の使用機材

撮影時間帯

撮影の設定

以上をお伝えします。

 

 

2、有名夜景スポット『象山』の場所

 

こちらの記事にまとめました。

www.circle-the-globe.com

 

像山の上の展望台が混み合っていたので、下の展望台から撮影しました。

 

 

3、タイムラプス撮影の使用機材

 

GoPro HERO5

 

 

それからGoProの純正アクセサリーの

『ジョーズ フレックスクランプマウント』です。

 

以上の機材をこのように展望台の手すりにセットして撮影しました。

f:id:frucnok11:20190309124430j:plain

 

 

4、タイムラプス撮影時間帯

 

像山の展望台に16時ごろ着いて、設定などを考えながらゆっくり過ごしました。

 

実際にタイムラプス撮影を行ったのは、17:15~18:45の1時間半です。

それで1分30秒のタイムラプス動画が撮影できます。

 

先ほど紹介したインスタグラムに投稿した動画は、

必要ない部分をカットして『56秒間』の動画にしてあります。 

 

5、設定

 

2秒ごとにシャッターを切っていく設定で撮影しました。

 

今まで何度も夕方から夜に変わっていくタイムラプスを撮影しましたが、2秒ごとに撮影するのが僕は一番好きです。

 

 

 

 

まとめ

 

いかがですか?

タイムラプスムービーって楽しくないですか?

 

もう一度僕が撮影したタイムラプスムービーをごらんください。

www.instagram.com

 

僕は一眼レフを使った撮影もやりますが、GoProを使ったタイムラプスは手軽に良い作品が出来上がります。

 

長い時で4時間以上。

短くても1時間はその場にいないといけませんが、最高のタイムラプスが撮れるとめちゃくちゃ嬉しいです。

 

今まで行ったことのある夜景の有名な場所で(香港や上海)タイムラプスムービーを撮影していないので、これから伺います。

 

撮影したらこちらのブログで紹介しますね!

 

スポンサーリンク

 

 

 

台北旅行の他の記事はこちら

 

 台北旅行での使用金額をすべて紹介してます。

台北旅行を計画してる方、予算の参考にしてください。

www.circle-the-globe.com

 

 台北旅行で食べたものと金額をすべて紹介してます。

www.circle-the-globe.com

 

 台北のおすすめスタバを2店舗紹介してます。

www.circle-the-globe.com

 

 台北旅行で僕の持ち物を紹介してます。

www.circle-the-globe.com

 

台北の有名無料夜景スポットの『象山』への行き方です。 

www.circle-the-globe.com

 

 有名無料夜景スポット『象山』からの夜景撮影。

一眼レフカメラの設定を詳しく紹介してます。

www.circle-the-globe.com

 

 

 以前、香港に行った時にアディダスのスタンスミス(本物)を8,100円で購入しました。

『香港で安く買えるなら、台湾でも安く買えるんじゃね?』と思い、価格調査を行いました。

ネタバレすると、台湾でアディダスのスタンスミスを買う必要はありません。

www.circle-the-globe.com

 

 

スポンサーリンク