【日記】 超ネガティブ思考だった僕がポジティブ思考に変わった体験談①

 

 

ここ数年間で出会った人に、

『オレ、もともと超超超ネガティブ思考だったんすよ!』

というと、ほとんど信じてもらえまえん。

 

『ほとんど』というより『全く』と言ったほうが正しいですね。

 

でも本当なんです。

もともと20代の頃はめちゃくちゃネガティブ思考でした。

 

具体的に

仕事でミスをする→『オレは職場に必要ないんだ』と考え出す。

友人を食事に誘って「予定が入ってる」と断られる→『オレは嫌われてるんだ』と考え出す。

このような感じです。

 

大げさに書いてるわけではなく、本当にネガティブ思考でした。

 

でも、今は全くそのようなことはありません。

たまに落ち込むこともありますが、基本『超ポジティブ思考』です。

 

ネガティブ思考とポジティブ思考の両方を経験したわかったことがあります。

 

それは『ポジティブ思考のほうが人生楽しい』ということです。

 

僕個人の体験談ですが、

具体的にネガティブ思考からポジティブ思考に変わったきっかけや、やったことを書いていきます。

 

おそらく1回では書ききれないので、何度かに分けてゆっくり書いていきますね。

 

ネタバレすると『みんな!サッカー観ようぜ!』という一言にまとめられますね。

本気で思うのは『サッカー選手の思考には触れたほうがいい』というです。

 

では書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

目次

 

 

 

1、超ネガティブ思考だった僕がポジティブ思考に変わった体験談①

 

この記事では

  • ネガティブ思考がポジティブ思考に変わったきっかけ
  • 実際にやったこと

以上をお伝えします。

 

 

2、ネガティブ思考がポジティブ思考に変わったきっかけ

 

ものすごく具体的に『ネガティブ思考がポジティブ思考に変わったきっかけ』があります。

 

そのきっかけとは、

サッカーの長谷部誠選手の『心を整える』という本との出会いです。

 

もともと僕は活字が苦手でした。

でも『心を整える』は僕がサッカー好きなのもありましたし、

それと『あぁ。あの試合のことだ!』と具体的なサッカーの試合の例をあげてくれてるのでわかりやすかっです。

 

でも『心を整える』はサッカー好きな人でないと『??』と感じる部分もあるかもしれません。

 

なので次に『心を整えるを読んで実際に僕が行動したこと』をお伝えします。

 

 

3、実際にやったこと

 

長谷部誠選手の『心を整える』を読んで実行したことがあります。

 

  • 本を読む。
  • 読書ノートをつける。(僕はスマホのメモ帳に箇条書きで入力してます)
  • サッカー選手、監督のインタビューを見る、読む。
  • サッカー関係者以外でも一流の人の言葉に触れる。
  • ひとりの時間を作る。
  • スマホの電源を切る時間をつくる。
  • 寝る前に何もしない時間をつくる。
  • 他人の目を気にしない。
  • 愚痴を言わない。
  • 休みの前日しかお酒を飲まない。
  • (意味がなかったら)職場の飲み会に参加しない。
  • 群れない。
  • 事前に『できなかったらごめんなさい』みたいな事を言わない。
  • 遅刻しない。
  • B'zのbrotherhoodを歌詞をかみ締めながら聞く。(長谷部選手はミスチルの『終わりなき旅』を紹介してます。)

 

100点満点できてるわけではありません。

でも『心を整える』に出会う前と出会った後では全然違うと自覚してます。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

長谷部誠選手の『心を整える』を読んでネガティブ思考からポジティブ思考に変わったわけではありません。

でも僕がポジティブ思考に変わったきっかけは『心を整える』です。

 

この本に出会わなければ、絶対に僕は今も変わらずネガティブ思考のままでした。

 

もちろん『心を整える』だけではないので、またの機会に他にも具体的にやったことを紹介します。

とはいえ、次回もまたサッカー選手の話ですが。。。

 

というわけで、

『みんな!サッカー観ようぜ!』

 

 

スポンサーリンク

 

 

合わせてこちらも読んでください。

 

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com

 

スポンサーリンク