【日記】 超ネガティブ思考だった僕がポジティブ思考に変わった体験談③

 

 

以前、『超ネガティブ思考だった僕がポジティブ思考に変わった体験談』という記事を2つ書きました。

 

①では、

僕がネガティブ思考からポジティブ思考に変わったきっかけは

サッカーの長谷部誠選手の『心を整える』に出会ったこと

『心を整える』に出会って実行したこと

『みんな!サッカー観ようぜ!』

ということを主に書きました。

 

こちら。

www.circle-the-globe.com

 

 

 

②では、

サッカーの三浦知良選手の言葉をスマホに入力して、それを10000回以上読み返したこと

それを行うことによって、どんな時でも『パッと三浦知良選手の言葉が思い浮かぶ』こと

『みんな!サッカー観ようぜ!』

ということを書いてます。

 

こちら。

www.circle-the-globe.com

 

 

今回の③は

『失敗してもいい』

『むしろ失敗は歓迎するべきこと』

『みんな!サッカー観ようぜ!』

ということを書いてきます。

 

では『失敗すること』について書いていきますね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

僕は『順風満帆のサッカー選手』より、

『山あり谷ありの選手』『挫折を乗り越えた選手』に惹かれます。

 

誰でも知ってる有名な選手ですと、三浦知良選手、中村俊輔選手、本田圭佑選手。

サッカー好きじゃないと知らないかな?というような選手だと、

浦和レッズの宇賀神友弥選手、ガンバ大阪の藤春廣輝選手などです。

 

というより、すべてのサッカー選手は大なり小なり挫折の経験があると思いますが、

『日本代表戦の結果により国民に批判される。』

という経験を持ってる選手は応援したくなるし、人としても魅力的に見えます。

 

先ほど紹介した5名の選手の中で、

『失敗の数は自慢できる』

『挫折は過程』

とよく言ってるのが本田圭佑選手です。

 

サッカー知らなくても本田圭佑選手の事を知ってる方は多いでしょうし、

一つ一つの発言がネットニュースに取り上げられるほど、言葉に影響力を持った選手です。

 

 

先ほど紹介した僕が描いた2つの記事の内容を端折って合わせると、

  • 一流の人の言葉に触れる
  • その言葉を何度も何度も読み返し、すぐに思い浮かべるようにする。
  • そのためにはスマホに入力していつでもどこでも読める状態にしておく。
  • 仕事でミスった時などにトイレなどで読む。
  • とにかく、嫌なこと、うまくいかないことがあった時にすぐにサッカー選手の言葉が『パッと』思い浮かべるようにしておくことが、僕にとっては凄く合っていた。

ということを書いてます。

 

 

特に、何度も読んで『オレのミスなんかたいしたことないな!』と感じることができたのが三浦知良戦選手の言葉ですが、

『失敗っていいことじゃん!』

『失敗から学べることってたくさんあるよね!』という気持ちにさせてくれるのが

本田圭佑選手の言葉です。

 

 

僕がスマホに入力してる言葉を少しだけ紹介しますね。

・うまくいかない時は基本を続ける

・他人がどう思うか?ではなく自分がどう思うか。

・明日から始めるのではなく、今から始める。

・最後に成功すれば、『挫折』は『過程』に変わる。

 こんな感じです。

 

実際の僕のスマホのメモ帳は、もっともっとたくさんの言葉が入力されてます。

 

 

テレビのインタビューでも本田圭佑選手の言葉に触れられますし、

出版されてる本でおすすめしたいのが、

こちらの『直撃 本田圭佑』です。

 

 

スポーツライターの木崎伸也さんが何年にも渡って、本田圭佑選手に直撃取材をした様子がまとめられた本です。

 

直撃取材ですので、

取材拒否、門前払い、3週間密着して1コメントなどの困難にも当たりますが、

本田圭佑選手と木崎さんの友情?というか絆が深まっていく様子も読んでて楽しい本です。

 

 

この本も何度も読み返しましたし、今でもたまに読み返します。

この1冊も僕が『超ネガティブからポジティブ』に変わることができた重要な本です。

 

本田圭佑選手の思考に触れられる1冊ですのでみなさんにもおすすめしたいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

こちらも合わせて読んでください。

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com

 

スポンサーリンク