【副業】 ランサーズでライティング案件を受注できたコツをお伝えします。

 

 

先日ランサーズに登録し、Webライティングのお仕事を始めました。

クラウドソーシングなら日本最大級の「ランサーズ」


 

 

僕の場合、ライティング初心者だけど『ブログ運営歴約1年半』と言えるし、

なんとかなるんじゃないかな?

 

そんな軽い気持ちで提案し、受注し、納品し、撃沈するまでの一連の流れをお伝えします。

 

 

『最初はなかなか仕事を受注できない』

『最低30件応募しよう』

このように言ってる人もいますが、

僕の場合は3件提案して3件とも受注できました。

 

1つは1文字1.5円の案件。

2つは1文字1円以下の案件です。

 

まだ始めたばかりなので、この金額が良いのか悪いのかが全くわかりませんが、

とりあえずコツコツと実績を積み上げていきます。

 

今回の記事では提案してから受注するまでをお伝えしていきますね。

 

スポンサーリンク

 

 

目次

 

 

 

 

1、ランサーズでライティング案件を受注できたコツをお伝えします。

 

この記事では

  • とりあえず数をこなす。
  • ググらなくても書けることの案件を狙う。
  • 自分の強みを書く。

以上のことを書いていきます。

 

 

1、とりあえず数をこなす。

 

慣れてる方は、

『1文字1円以上の案件を狙うべき』

『安い金額で仕事を受注する人が増えると全体的に相場が安くなってしまう』

このような意見もネットで見ました。

 

正直言わせていただくと、

自分のことでいっぱいいっぱいで『Webライター界全体』のことを考えてる余裕なんてありません。

 

『未経験者』よりも

『100件の仕事をこなしたことがある人』の方が信用できませんか?

 

稼ぎは少ないかもしれませんが、低賃金でも実績を積み上げていこうというのが僕の考えです。(今のところ)

 

2、ググらなくても書けることの案件を狙う。

 

例えば僕が、クレジットカード、不動産投資、脱毛、美容、ダイエットなどのことで記事を書こうと思ったら

『まずググる』というところからスタートしなければいけません。

 

実際にランサーズのライティング案件にありましたが、

『あなたの住み込みでの工場勤務の体験を教えてください』というお題ならスラスラ書けます。

 

僕自身が若い時に1年間ほどそのような経験があるからです。

住み込みでの工場勤務の収入、寮暮らし、人間関係、恋愛関係、などなど。

なにも調べる必要はなく『自分の経験談』を書けます。

 

そんな感じで『自分の経験談』をスラスラ書ける案件を狙った方がいいです。(今のところ)

 

 

3、自分の強みを書く。

 

先ほど書いたことと被りますが、自分の『経験談を書く』場合、そのことを提案文に書けます。

  • 僕は経験者です!
  • 濃い話を書けます!
  • スタッフにしかわからない裏話も書きますよ!

さすがに提案文に『!』は書きませんが、気持ち的にはこれくらい前のめりでした。

文章にも表れていたはずですし、伝わったはずです。

実際に受注できてますから。

 

それと、先ほど『3件受注できた』と書きましたが、

そのうちの1件が納品の期日が一ヶ月後だったんですね。

そこで、僕は『すぐ着手できますし、出来次第納品できます』ということを書きました。

 

その方かスピード重視かは存知あげませんが『僕ならすぐ納品できます』というのもアピールしておきました。

 

それから、よく見る提案文で『期日は必ず守ります。』というのがあります。

期日を守るのは当たり前なのではないでしょうか?

『それを提案文に書くべきではないかな?』と僕は思います。

 

 

まとめ

 

ライティングを始めたばかりのど素人が、今のレベルでの『提案』について書きました。

 

おそらくこの記事で書いたこともレベルが上がれば考えも変わり、修正されていくはずです。

その方向転換の様子もその都度書いていきますね。

 

それと、最初に『提案し、受注し、納品し、撃沈するまでの一連の流れ』をお伝えします。

と書きました。

 

後日の話ですが見事に撃沈してます。

その失敗談も近日記事にしますのでお待ちください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

合わせてこちらも読んでください。

www.circle-the-globe.com

 

スポンサーリンク