【副業】 ランサーズ、ライティング案件で指定文字数が多い時の記事の書き方。

 

 

先日ランサーズというサイトに登録して、ライティングの副業を始めました。

クラウドソーシングなら日本最大級の「ランサーズ」

 

初心者の僕が受注できた提案文の記事はこちら。

www.circle-the-globe.com

 

 

今回は指定文字数が多い時の記事の書き方をお伝えします。

 

特に、僕が受注した記事は4000文字書かなければいけなかったので結構大変でしたが、その辺りも含めて書いていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

目次

 

 

 

1、ランサーズ、ライティング案件で文字数が多い時の記事の書き方。

 

この記事では、

  • どんなに指定文字数が多くても見出しを作ると書きやすい。
  • 自分の知識で足りないところはインタビューする。

以上のことを書いていきます。

 

 

2、どんなに指定文字数が多くても見出しを作ると書きやすい。

 

例えば『B’zの魅力を5000文字で書いてください』と言われたら悩むでしょうね。

  • 5000文字をどのように組み立てるか?
  • どのような順番で書いていくか?

など悩むポイントはたくさんあります。

 

 

でも見出しを作ると意外と簡単です。

  • ギターの松本孝弘さんの紹介
  • ヴォーカルの稲葉浩志さんの紹介
  • 曲の紹介
  • ライブの魅力の紹介
  • B’z好きを公言してる有名人
  • 僕のオススメの曲ベスト10
  • まとめ

簡単に紹介しましたが、このように記事を組み立てると1つのテーマごとに区切れるので書きやすいです。

 

上記の例だと、7つの見出しがあるので『5000文字÷見出し7つ』という感じで

1つの見出しにつき714文字書けば5000文字達成できます。

 

714文字なんてあっという間ですよ。

それを7個書けば終わりです。

 

意外とイケそうじゃないですか?

 

 

3、自分の知識で足りないところはインタビューする。

 

先ほど紹介した方法でも文字数が足りない場合『友達にインタビューする』という方法もあります。

 

例えば、あなたに『B’zの魅力を書いてください』という依頼がきたとしますよね?

でもあなた自身がB’zについて全く知識がなかったら、B’z好きな周りの友達に聞けばいいんです。

 

それで『B’zのライブ歴25年の強者にインタビューしてきました。』という見出しで記事が書けます。

 

その人が好きな曲、その人がオススメするライブDVD、などなど。

 

自分の知識で賄えないところは『周りの人にインタビューする』という方法もありです。

 

 

まとめ

 

この記事ではB’zのことを例に出しましたが、お題はなんでも構いません。

お金の事、美容の事、仕事の事などなど。

 

ランサーズのライティング案件は自分の得意分野ではない記事も書かなければいけないこともあるでしょうし、

『4000文字』『5000文字』という字数を見ただけで、最初から手を出せない人も多いかもしれません。

 

でも先ほど紹介したように見出しをいくつか作れば意外と簡単に文字数の壁は攻略できます。

 

ランサーズのライティング案件での文字数について悩んでる方の参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

 

あわせてこちらも読んでください。

 

www.circle-the-globe.com

 

www.circle-the-globe.com

 

スポンサーリンク