【副業】 Webライティングを始めて感じた信頼できない依頼者

 

 

先日ランサーズというサイトに登録してWebライティングの副業を始めました。

 

過去記事はこちら。

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com

www.circle-the-globe.com

 

 

とりあえず、3件の提案(仕事できます!という立候補)をし、3件とも受注できたのですが、

そのうちの1件の依頼者に対して少し『???』と感じたものですから、

そのやりとりなども紹介しながら僕が感じたことを書いていきます。

 

これは僕自身にも当てはまりますが、

顔を合わせずにWeb上で仕事をしてる方すべてに当てはまりますのでぜひごらんください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

1、Webライティングを始めて感じた信頼できない依頼者

 

この記事では

  • 信頼できない依頼者の特徴
  • 実際のやりとり

こちらのことをお伝えします。

 

 

2、信頼できない依頼者の特徴

 

  • 返信が遅い
  • やりとりの辻褄が合っていない。

実際のやりとりをお伝えします。

 

 

3、実際のやりとり

 

これは実際に依頼者とライター(僕)とのやりとりです。

 

 

依頼者『〇〇の記事書ける人います?』

僕『はい!書けます!』(この時点で他にも立候補してる人います。)

 

い『ではあなた(僕)にお願いします。』

ぼ『あざす。』

 

い『LINEかSkypeに連絡して!』(LINEとSkypeのIDを教えてもらう)

ぼ『いいっすよ!でも僕、楽天モバイルなのでLINEだとIDと電話番号での検索できないと思います。』

ぼ『やっぱり楽天モバイルだとLINEのIDも電話番号検索もできないっす!』

ぼ『Skypeにメッセージ送りました!』(Skypeにメッセージを送る)

 

 

い(Skypeのメッセージ機能で)『15分くらい電話したいんだけどいつがいいですか?』

ぼ(Skypeのメッセージ機能で)『〇〇日の〇〇時ごろでいかがでしょうか?』

(これ以降Skypeのメッセージ機能は放置。)

 

 

い(再びWeb上で)『SkypeのIDは〇〇です。よろしくお願いします。』

ぼ『すでにSkypeにメッセージ送ってますよ!〇〇日の〇〇時に電話いかがでしょうか?』

 

~~6日後~~

 

い『Skypeにメッセージ届いてません!』(一度やりとりしてます)

ぼ『いいえ。一度メッセージのやりとりしてますよ!お互いのために仕事は止めておきましょう』

 

といった流れです。

 

 

まとめ

 

以上が、僕が『この依頼者と仕事するのは止めておこう』と感じた出来事です。

 

僕が勝手に予想した原因は『キャパオーバー』でしょう。

 

  • おそらく会社勤めなどをしていて、空いた時間を使ってネットでお金儲けをしたい。
  • 自分で記事を書く時間がないから記事を誰かに書いてほしい。
  • 多くの人数とやりとりしていて誰が誰だかわかなくなってる

そんな感じで間違いないでしょうね。

 

書きながら自分でも感じましたが、僕にも当てはまることもあります。

いっぱいいっぱいで何がなんだかわからなくなる状態です。

 

自分のできる範囲を維持しながらWebライティング仕事を続けていきます。

 

この記事が、これからWebライティングの仕事をしようとしてる方の参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

 

こちらの記事も合わせて読んでください。

www.circle-the-globe.com

 

スポンサーリンク