【写真撮影テクニック】 桜を撮影するときの一眼レフの設定。(初心者用)

 

 

『桜を撮影したい!』と思って一眼レフカメラを購入した方は多いのではないでしょうか?

 

 

でも実際に一眼レフカメラを手にするとダイヤルがあり、いろんなボタンがあり、

スマホで写真を撮るように簡単ではないですよね?

 

そこで、この記事では一眼レフ初心者の方のために、

『桜を撮影するときの設定』を1つだけお伝えします。

 

上達すればもっと細かい設定を自分で決めれます。

でも初心者の方は1つずつ勉強していったほうがいいです。

 

では設定をお伝えする前に、信頼性担保のため僕の自己紹介をさせてください。

 

僕はプロのフォトグラファーではありませんが、皆さんご存知の大企業のホームページや、

女性なら誰でも知ってるであろうインターネットサイトに僕の撮影した写真が掲載されてます。

 

その中でも一番有名な企業はJALが発行してる『JAL CARD』のスマホ用壁紙です。

 

こちらの写真が採用されてます。

f:id:frucnok11:20190404085818j:plain

タイ・チェンマイのコムローイ。

 

『JAL CARD』のスマホ用壁紙はこちら。

壁紙ダウンロード - JALカード

 

 

そんな僕が一眼レフ初心者にお伝えしたい『桜を撮影するときの1つの設定』をお伝えします。

 

※僕の写真撮影は独学で自己流です。

この記事では僕の経験のみをお伝えします。しっかり勉強したい方はプロの方に聞いたり、ググッたりしてください。

 

スポンサーリンク

 

 

 

目次

 

 

 

 

1、初心者がやるべき一眼レフカメラでの桜撮影の設定

 

この記事では

  • 絶対に変えるべき設定
  • ホワイトバランスの設定の変え方
  • 僕が撮影した桜の写真
  • ホワイトバランスの設定を変えるときの注意点

以上をお伝えします。

 

 

2、絶対に変えるべき設定

 

写真を撮影するには、

『彩度』『コントラスト』『(F値)絞り値』『ISO』『シャッタースピード』

などなど、めちゃくちゃ細かな設定が必要になってきます。

 

でも桜を撮影しようとしてる初心者の方に『1つだけ設定を変えてください』と伝えるなら、

変えるべき設定は『ホワイトバランス』です。

 

ホワイトバランスとは『白いものを白く表現する』ためにカメラの色味の設定を変える機能です。

でも、僕は『白いものを白く表現する』という機能を逆手にとって、少し色味を加えてます。

 

 

3、『ホワイトバランスの』設定の変え方

 

では実際に設定を変えてみましょう。

(プロの方から見れば語弊のある表現もあるかと思いますが、初心者の方にむけてわかりやすく説明します。)

 

f:id:frucnok11:20190417101127j:plain

オートモード。

この『オートモード』では完全にカメラにおまかせの設定です。

 

 

f:id:frucnok11:20190417101203j:plain

カメラにおまかせなので、あまり設定を変えれない。

このように『ホワイトバランス』を変えることはできません。

 

 

f:id:frucnok11:20190417101145j:plain

プログラムオート。

ですので、ダイヤルを『P』にしてください。

初心者の方に簡単に説明すると『P』(プログラムオート)は、

『ある程度カメラにおまかせ設定』です。

f:id:frucnok11:20190417101223j:plain

いろんな設定を変えれる。

 

 

では目の前に壁があるのでホワイトバランスを変えただけの2枚の写真を見比べてください。

f:id:frucnok11:20190417101243j:plain

f:id:frucnok11:20190417101316j:plain

黒い点を紫寄りに設定。 

 

これを変えるだけで、

f:id:frucnok11:20190417093756j:plain

f:id:frucnok11:20190417093726j:plain

少しピンク(というより紫)っぽくなってるのがお分かりですよね?

 

これは壁の写真なので『ふ~ん』って感じでしょうが、この設定で桜を撮影するとめちゃくちゃ綺麗に色味を表現できます。

 

 

4、僕が撮影した桜の写真

 

僕がこれまで撮影した桜の写真を紹介します。

もちろんすべてホワイトバランスを変えてます。

f:id:frucnok11:20190413081756j:plain

f:id:frucnok11:20190413082049j:plain

f:id:frucnok11:20190413082110j:plain

f:id:frucnok11:20190413082130j:plain

f:id:frucnok11:20190413082220j:plain

f:id:frucnok11:20190417114040j:plain

f:id:frucnok11:20190417114104j:plain

f:id:frucnok11:20190417114124j:plain

f:id:frucnok11:20190417114146j:plain

f:id:frucnok11:20190417114206j:plain

f:id:frucnok11:20190417114230j:plain

f:id:frucnok11:20190417114250j:plain


 

 

5、ホワイトバランスの設定を変えるときの注意点

 

ホワイトバランスは、状況に合わせて変えていかなくてはいけません。

『中目黒の桜はこの設定』で『京都の桜はこの設定』みたいなのはありません。

 

  • 桜の撮影するときの時間帯。『朝』『昼』『夕方』『夜』
  • 天気。『雲1つない晴れ』『雲が多い晴れ』『薄曇り』『普通の曇り』『今にも雨が降りそうな曇り』『小雨』『雨』『豪雨』
  • 桜と自分の位置の距離。
  • 太陽の光が当たる角度。

などなど、簡単にあげるだけでもこれだけのシチュエーションの違いがあります。

 

シチュエーションはマジで無限です。

その都度設定を変えてください。

 

 

個人的な話をしますが、

以前、職場の人に『ディズニーに行くのでミッキーの撮影の設定を教えてください』と言われ、その人を門前払いにしたことがあります。

 

そのときの状況を見ないと設定はわかりません。

簡単に正解を求めるのではなく、自分で何枚も撮影して納得のいく設定を探してください。

 

1日で2,000枚から3,000枚撮影をするのは当たり前です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

ホワイトバランスを変えるだけで、桜のピンク色がより強調されるのがおわかりいただけましたか?

 

一眼レフカメラ初心者がつまずくポイントとして、

  • よくわからないからオートで撮影する
  • オートでしか撮影しないから同じような写真しか撮れない
  • 結局『スマホで十分』と思い、一眼レフカメラを手放す

実際に見てきましたが、このような人も多いです。

 

でも最低1つだけでも『こだわりの設定』があれば

一眼レフカメラを使った写真撮影がめちゃくちゃ楽しくなります。

 

そして自分のテクニックの引き出しが増えて、それを組み合わせることによって自分でもびっくりする作品が完成するんです。

 

今回の記事で桜の撮影時は、

『ホワイトバランスの設定を変えると色味を自在に操れる』ということをお伝えしました。

 

一眼レフカメラ初心者の方で『設定がわからない』という方のために書いたので、参考になれば嬉しいです。

 

とりあえずホワイトバランスを変えて撮影してみましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

この記事の写真で使用してる機材はこちら。

本体。

 

標準レンズ

 

広角レンズ

 

望遠レンズ

 

三脚

 

スポンサーリンク