天気が悪い日の桜撮影とコツと設定(一眼レフ初心者用)

 

 

まずはこちらの写真を御覧ください。

f:id:frucnok11:20190426064011j:plain

福島県の三春滝桜です🌸

 

いかがですか?

 

撮影者としての意図は、画面いっぱいに桜が映るような構図にして、

見てる人が『このしだれ桜はどんだけデカいんだ!?』と想像してくれるような作品を創りました。

 

この作品は曇りの日だからこそ出来たものです。

 

僕は『曇り最高!』と感じながら撮影してましたが普通の人は違う感覚を持つでしょう。

というのも、この日はほとんどの人が『あぁ。曇ってる』『天気が良ければ最高なのに。。』という言葉を発していたんです。

 

そりゃそうですよね?

現地に置いてあるパンフレット、ポスター、ネットの写真を見ていただければお分かりのように、『桜&青空』というのは絶対に間違いないですよ。

 

そこでこの記事では『天気が悪い日の桜の撮影の方法』をお伝えします。

それと、一眼レフカメラをお持ちの方には詳しい設定もお伝えします。

 

簡単に言ってしまえば『ズームで撮影するといいよ』ということです。

 

では詳しく紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

1、カメラ撮影初心者の方にお伝えしたい天気が悪い日の桜の撮影と設定

この記事では、

  • 天気が悪い日の構図の決め方
  • 一眼レフカメラの設定
  • 僕が撮影した写真

以上をお伝えします。

 

 

2、天気が悪い日の構図の決め方

 

最初に紹介したこちらの写真。

f:id:frucnok11:20190426064011j:plain

この写真は遠いところからズームで撮影してますが、もう一つコツがあります。

 

それは『構図内に空を入れないこと』です。

桜で画面を覆い尽くすような感覚で構図を決めるとうまく撮影できます。

 

いろんな角度から桜を観て、試し撮りして、『ここだ!』という場所を自分で探してください。

 

 

3、一眼レフカメラの設定

 

一眼レフカメラを使ってる方(初心者)の方に設定をお伝えします。

 

僕はめちゃくちゃ細かく設定してますが、大きな設定のコツは2つです。

  • ホワイトバランスで色味を調整
  • コントラストを強くして、暗い部分を強調する

 

ホワイトバランスに関しては別記事にまとめました。

www.circle-the-globe.com

 

 

それとコントラスト。

コントラストを強めに設定して、暗い部分を強調してます。

f:id:frucnok11:20190426071540j:plain

コントラストと彩度を強くしてます。

これが設定画面です。

ニコンの一眼レフカメラをお持ちの方は参考にしてください。

 

先ほどの写真を見ていただくとわかりますが、幹の部分や桜の奥の部分の影がやたら強調されてます。ほぼ真っ黒です。

それは『天気が曇り』というのと『コントラストを強くしてる』からです。

 

 

4、僕が撮影した写真

 

 では同じ日に撮影した写真を紹介します。

f:id:frucnok11:20190426064028j:plain

f:id:frucnok11:20190426064045j:plain

f:id:frucnok11:20190426064104j:plain

 

f:id:frucnok11:20190426063937j:plain

これが全体図です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

自分で言っちゃいますが、僕の作品を見ていだだけたら

『曇りの日の桜も悪くないな』と思えませんか?

むしろ『曇りの日の桜ってかっこいい!』って思えませんか?

 

最初に書いたように『桜&青空』の組み合わせは最強です。

でも『曇りの日の桜の表情も素敵ですよ!』ということもお伝えしたいです。

 

スマホで写真撮影する方や、一眼レフ初心者の方に参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

この記事の写真撮影での使用機材はこちらです。

 

本体

 

レンズ

三脚

 

スポンサーリンク